ホルモーの人

げつようび。Tさんが買ってきてくれたクルミパンに、パストラミ?みたいな黒胡椒まぶしのハムを乗せて、焼きます。夕べの残りの味噌汁。

「八月の御所のグラウンド」万城目学。TPが図書館で借りて読みながら「あはは」とか「ふふ」とか笑っていました。「門も読んでみる?」と聞かれたので「ホルモーの人やろ?苦手やけん読まん」と言うと「読まんならネタバレでもいいね」と前半を読んだTPは、あらすじやら自分の感想やらお喋りしていました。それが後半を読み始めると「面白い」などとつぶやいているので、こっそり行き帰りの通勤本に持って行き、行きの電車&バス、帰りのバス&電車、夢中になって読んで、いよいよラストに近いところで、電車を降りてから、家に帰る道、立ち止まって、最後まで読みます。はっきり言って、深く感動して、うっうっと涙をこらえて家まで帰ってきました。

とっても、魅力的な小説だった。小説を読む楽しみがあった。

他の本も読みたい。ホルモーも、読み返したい。