モヤモヤ一覧表

今日は、仕事で滞りのあるモヤモヤしたところを全部書きだしてみました。その書き出したモヤモヤ一覧表を、ミーティングで同じチームの女性たちに見てもらったところ、思わぬ解決法が次々と飛び出してうれしくなります。その後にセットしていた上司とのミーティングで(モヤモヤが溜まっていたので急にお願いして外のスタバで話しを聞いてと頼んでおいた)モヤモヤ解決しそうですよ、やっと女性だけのチームで仕事するコツが少しだけわかりましたよっ!と興奮して報告します。彼女たちを信じて、何でもこのチームに投げてみてくださいよっ!。何じゃそりゃ。興奮したまま家に帰って、そのまま興奮して眠れないでいると、あ、ちょっと話し盛っちゃったかなと急に恥ずかしくなります。こんなのばっか。私は、羞恥心をブラックホールに捨ててしまいたい。

エイトノット結び

私の大好きな平日のお休み。平日のお休みが人生の中で一番好き。大好き、平日のお休み。自転車に乗って伊勢丹などを冷やかして何も買わずに帰ります。暇なひと。ポケットの中を探るとき、自転車の鍵が掴みづらかったので紐をつけました。結び方はキャンプ用品屋で店員さんに教わった自慢のエイトノット結びです。この結び方ならどんな紐だってスルッと結び目がほどけたりすることはありません。一生の宝です、エイトノット結びの技は。

f:id:monna8888:20190420154639j:plain

奇跡の脳―脳科学者の脳が壊れたとき (新潮文庫)

奇跡の脳―脳科学者の脳が壊れたとき (新潮文庫)

 

 文庫ではなく単行本をRCが貸してくれたので読みます。「前に貸したことがあるかも知れんけど、お義父さんのこともあったし」脳卒中で入院中のTPパパを思って貸してくれたのです。でも読んだことあるけどRCに借りたんだったっけな?と思って自分のブログを検索してみると、本当にRCから借りて読んでいたので驚きます。便利!この世は、右脳の世界を開放すれがどれだけ素晴らしいかを教えてくれるいい本です。仕事から帰ったTPが、やっぱり大分にお見舞いに帰ろうと航空券を手配していました。日帰りらしい。弾丸お見舞いフライトらしい。直接この目で、TPパパの姿を見るのです。ドキドキ、わくわく。ドキワク。

全編英語

休日出勤をしてまで参加したミーティングが、全編英語だったから心底驚きます。一所懸命聞き取ろうとして目をかっぴらいていたから、目が痛くなりました。残業したので晩ごはんは簡単なオムライスです。オムライスのケチャップも目をかっぴらいていたから少し驚きました。

f:id:monna8888:20190417204222j:plain

カーディガンがほしい

思わず考えちゃいがちなので、買って読んでみました。私もメモ帳を持ち歩き始めました。ふとした時に思いついたことを書きます。「カーディガン」どうやら私はカーディガンがほしいようです。

思わず考えちゃう

思わず考えちゃう

 

 

祖母のパール

今週は定休日の水曜日にミーティングがあって出席せねばならないから、月火水の連続出勤。精神がひ弱な私にとっては、頭が痛くなるほどのプレッシャーです。ひよひよ。

ボローニャ紀行 (文春文庫)

ボローニャ紀行 (文春文庫)

 

 青空文庫で借りた本を電車の行き帰りで読みます。こんなに面白くなさそうなタイトルで興奮するほど面白いから得した!暮らし方、生き方にもっと工夫ができるんじゃないかと希望が湧く本です。

 

このところ、死んだおばあちゃんの遺品の指輪のパールが、いつの間にか取れて失くなっていました。寝ようとしたら爪だけが残ってガリッとなって氣づいたのです。一年365日24時間つけっぱなしだった指輪を外すのが、あんなに辛いことだとは思わなかった、手をぶるぶると上に掲げて、血を下に落として、ギューっと押し出すとようやく指から外れました。もうパールはいなくなったんだと思っていたら何と、冷蔵庫の野菜室の引き出しの淵に引っかかっていました。

f:id:monna8888:20190420152453j:plain

わーい。
f:id:monna8888:20190420152554j:plain

とはいえ、こういう「修理」とか「見積もり」とか「粗大ごみの回収依頼」とか事務的なことのほとんど全て、反吐が出そう(失礼!)なほど嫌なので、ずるずると先延ばしにすることでしょう。晩ごはんは豚汁です。

ぶいぶい2日め

f:id:monna8888:20190414071318j:plain

朝ごはん。冷凍食品やお土産の佃煮みたいなメニューです。ずいぶん早く目が覚めたらしいTPが、色々考え事ができていい時間だったと言うので、こちらまでうれしくなります。私はTPが自分の人生に心の底から満足していてくれたらそれだけでうれしいです、もちろん自分も同様に。

f:id:monna8888:20190414080703j:plain

無人駅から電車に乗って。

f:id:monna8888:20190414100756j:plain

あれまあ、三峯神社に。私が何度も三峯神社三峯神社と言っていたのでTPも行ってみたいと思ってくれたようです。白髪で細身の老女が、雪があるところを見つけては、ザクザク、ザクザクと踏みつけて回っているのを見て、最高!と思います。超格好いい!自由で!

f:id:monna8888:20190414101720j:plain

運勢は吉。

f:id:monna8888:20190414104645j:plain

奥の院の方にも頭を下げて。

f:id:monna8888:20190414110210j:plain

私が一番TPを連れて行きたかった場所、参道の食堂で甘酒を飲みます。

f:id:monna8888:20190414123623j:plain

またバスに乗って、今度はバスの終点、西武秩父駅まで行ってみます。ぐうぐうぐう。眠いったらない。

f:id:monna8888:20190414130639j:plain

駅ナカにはゴージャスなフードコートがあります。

f:id:monna8888:20190414131541j:plain

くるみダレのざるそばと、舞茸天ぷら。お、い、し、い・・・

f:id:monna8888:20190414143307j:plain

帰り道は、特急電車に乗って帰ります。普通の乗車券+700円くらいで。お得!ただお隣りの県に電車に乗って来て一晩泊まって帰るだけなのに、きっと仕事のことを思い出したりしなかったから、旅行できていることが恵まれていると思えたから、ちちんぶいぶいに誘われて来てみてヨカッタと、心から思いました。チャンチャン。

突発的ちちんぶいぶい

 朝、もうひと眠りしたいなーと思っていたところTPが「ちちんぶいぶい、ちちんぶいぶい」と踊り始めました。「秩父には行かんよ。あっちの方は寒いけん、今日はナシ」と答えて台所仕事をしていてもなお「ちちんぶいぶい、ちちんぶいぶい」と踊っているので、胃もたれしそうになります。それでも、ネットで検索して、宿まで見つけて、芝桜がキレイな名所まで調べているので、ちょっと考えて、よっしゃ、行こうと答えます。早速秩父の宿を予約してくれるTP。出発前に流れたテレビコマーシャルで「あ、この振り付けか、間違っとった」とか反省してみたりしています。それはさておき、行くとなったらすぐに出発しましょう、ネギトーストを焼いて食べて出発です。


西武鉄道CM「ちちんぶいぶい 2017年 秋冬篇 30秒」

f:id:monna8888:20190413134525j:plainよくわからないまま電車に乗って、飯能駅で乗り換えて、青空文庫で本を借りて読みながら、西武秩父駅まで。TPがどうしても食べたいというわらじカツは長蛇の列だったので適当なお店でとんかつを食べます。そっと「・・・ザ・普通やね、丸一に行きたくなった・・・」とか小さい声で言っているTP。ところで、ゴローちゃんの本のテレビの最終回で沢木耕太郎が、旅で一番重要なことは、ひとに聞くことと言っていたことがものすごく腑に落ちました。わかっていても、駅はどこですか?と尋ねること。つまり旅はその土地だけじゃなくてそこに暮らすひととの交流ってことか。その言葉に感動したのかTPはとんかつ屋さんで「秩父神社はここからどう行ったらいいですか?」とか店のおばさんに尋ねて「すぐ近く、この先の角を曲がって下に降りたところ」と冷たくあしらわれたりしています。その勇気、グッジョブ!後から店の奥にいたおじさんが「これからどうするの?」みたいに話しかけてくれ、秩父神社の後で羊山公園(芝桜の公園)に行くと答えると、芝桜は先日の雪でまだ咲ききっていないと教えてくれます。イヒヒ、うれしい。私はTPがどんどん、見知らぬひとに話しかけるひとになってほしい。

f:id:monna8888:20190413143827j:plain

秩父神社でTPは、脳梗塞で入院中のTPパパに「病気平癒御守」を買っています。やさしいね〜と感激。

f:id:monna8888:20190413144542j:plain水に濡らすと字が出るおみくじ。

f:id:monna8888:20190413153317j:plain芝桜が有名な羊山公園まで歩きます。遠くて暑い。

f:id:monna8888:20190413155450j:plain

受付のおじさんが「芝桜はまだ五分咲き。でも桜は満開だよ」と教えてくれた通り。いきなり、隣のベンチに座っていたおじいさんが話しかけてくれました。

f:id:monna8888:20190413155926j:plain

どうやらデジタルカメラのマクロ機能を使って花のアップを撮っていること、その写真を見せてくれようとしていることがわかって、何枚も写真を見せてもらって、花のアップの写真をどうやって撮っているかを見せてくれます。ところであの山なんですかね?てっぺんがガクガクに刻んであってと尋ねると「秩父セメント」とのこと。セメントの材料の石灰岩を切り出しているらしい。だから山のてっぺんが、直線に切り出されています。

f:id:monna8888:20190413163509j:plain

上の方には屋台村が。その先を抜けると、こぽこぽと小高い丘が連なるところに本当に桜が満開で。ここは天国かと思います。

f:id:monna8888:20190413163645j:plain

しだれ桜の下でお弁当を広げているひとたちがいっぱい。

f:id:monna8888:20190413183350j:plain歩いて駅まで戻って、秩父鉄道に乗って朝予約しておいた宿に向かいます。

f:id:monna8888:20190413184832j:plain

今朝予約したばっかりだから、晩ごはんナシのプランしか予約できていません。宿までの道、一軒も空いている店がないし、コンビニもない。心配した宿のおかみさんが焼き芋をくれて、ご主人が車を貸してくれました。

f:id:monna8888:20190413190835j:plain

TP、目の手術後に知らないひとの自家用車を借りての初運転。ドキドキ。

f:id:monna8888:20190413193151j:plain

地元のスーパーでおそうざいを買って、近くのローソンでビールを買って。

f:id:monna8888:20190413201615j:plain

宿に戻って車を返してようやくひと息、まずはお風呂に浸かります。先に入ったTPいわく「入らんよりはマシ、みたいなお風呂」シャンプーボトルとかカビだらけ、きっと人手が足りていないんでしょう。それでもゆっくりと浸かります。

f:id:monna8888:20190413204040j:plain

だだっ広い部屋で、おそうざいを食べます。車貸してもらえてヨカッタ、もし歩いて行ったら暗い夜道を往復6キロの距離でした。ほっ。

f:id:monna8888:20190413210220j:plain

部屋の外で一服します。TPは飯能駅青空文庫で借りた本が、ずっと前から探していた本だったと興奮しています。私もたまたま手にした本が面白くて興奮しています。やっぱり思い切って来てヨカッタね、明日はどうする?明日は三峯神社に行こうと言うのでわくわくします。ちちんぶいぶい、ちちんぶいぶい、歌に誘われて来てみた場所は、やっぱり来てヨカッタと思う場所。鳥の声と、電車のガタンゴトンが響き続けています。だだっ広い民宿だけれど今日の宿泊客は3組だけらしい、土曜日なのに大丈夫かしら?とか心配しつつ、前にRCと行った三峯神社にまた行けるだなんて、直前にもらったメールで三峯神社の話題が出ていたから、運命だなとか思いながら、借りた車で買って帰ったビールを飲みながら、安心してそれほど清潔ではないお布団でぐっすり眠ります。ぐうぐう。

冷やしうどん

金曜日。いつものミーティング、いつもの突発事項対応。ちょっとちょっと!数十万円の売上計上が漏れているわよっ!みたいに。

 

おしごと=人生、みたいな生活になっているので突発的なできごとにだんだん慣れてきました。

f:id:monna8888:20190412204559j:plain

それでヘトヘトになったので、晩ごはんはうどんの乾麺をゆでて、つけ麺風の具だくさんスープを作って、つけうどんです。TPに「熱と冷や、どっちがいい?」と聞くと「冷や」とのことだったのでうどん麺を水道水でキンキンに冷やします。春だわ。初夏前の春、短い時。