薬湯

何年も前から聞こえていましたが、今年はとりわけ、ウグイスの鳴き声が響きます。最初はホーケッ、とかキョッとか下手くそでだんだん上手になって、今ではウグイスの声で目が覚めるほど。

f:id:monna8888:20210224155136j:plain

下の階のTさんとすれ違うとき、いつもふたりでお向かいの木蓮の蕾を眺めて、膨らんできたとか、今月中に咲きますかねとか話しをします。

 

そんなのどかな時間も束の間、鬼の在宅勤務からの残業。夜9時!16時が定時なのに5時間残業じゃん!パソコンを閉じたらセブンイレブンに直行。何なんだ!

ツムラ ツムラのくすり湯バスハーブ 650mL

ツムラ ツムラのくすり湯バスハーブ 650mL

  • 発売日: 2016/11/22
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品
 

そこで、私は贅沢をしました。薬局で買ったくすり湯。キャップ1杯で薬湯氣分が味わえます。風呂のドアを開けてまで入浴中のTPにも、良かろう?氣分転換になる?疲れが取れるやろう?と聞いてしまう始末、うん、とか、いい、とか言っています。遠い目をして。TPも残業でクタクタです。高かったんだぞ。

レディースデー

平日の定休日。昨日買ったベーグルに、缶詰のツナをマヨネーズで混ぜたものを挟んで、焼いて、食べます。TP、行ってらっしゃーいと二度寝

f:id:monna8888:20210223131928j:plain

役所広司主演の映画を先日TPがひとりで観てきて、良かったら水曜に観てみてよ、レディースデーで安いしさ、とか言うので、行ってみます。(わたし、あの監督の映画、苦手っちゃん。いつも嫌な氣持ちになるけんと言ってあるのでひとりで観たそう。それでもなおと言うので渋々)

f:id:monna8888:20210224111942j:plain

新しいビルがまた建ちそうです。

f:id:monna8888:20210224112345j:plain

リンガーハットに入ってみます。天井が和風。同じ値段ですが、野菜たっぷりちゃんぽんの、麺半分バージョンが簡単に注文できたので、また来ようと思います。(おやつもほとんど食べないし甘いものも好きじゃない、ごはんも少なめなのにそれでもちょいぽちゃっとしているのは、燃費が良い身体なのでしょうか)

f:id:monna8888:20210224114848j:plain

お客さん多めで、隣にひとがいない席は前から二列目しか空いていなかったので、その席を取ります。


映画『すばらしき世界』本予告 2021年2月11日(木・祝)公開

役所広司の三上さんがとても魅力的。何度も吹き出して笑って。それでも、映画を見終わって、街を歩きながら、何だかもやもやします。

f:id:monna8888:20210224144201j:plain

夕べ、突然ドライヤーが壊れて無反応になったのにヒーターだけが発熱して燃え始めたので驚いて水をぶっかけたっけ。怖かった。なので、同じく海外でも使える、コンパクトタイプのドライヤーを買います。

 

夜、仕事から帰ってきたTPに「映画、観たよ。観てよかった。観てよかったけどさ、何か」ともやもやをぶつけます。TPも「そう、あのシーンで終わっとったら、もっと良かったのに」とか言っています。ちくしょう!だから、どういうわけか私はあの監督の映画を観ると嫌な氣持ちになると訴えていたのにどうしてオススメしたんだろうと腹立たしくなります。

それでも、大切な映画だとは思いました。なぜだろう?ちょっともてあそばれている感じになるからかな?

メモ:不時着第二話。まだそれほど面白くないけれど無理にキュンキュンしてみようとしたりする。

軍配は?

祝日。朝起きるとTPが「今日はさ、朝ごはん抜いて、11時の開店に合わせてハシヤに…」と言い終わるか終わらないかのときに食い氣味で「行く!」と答えます。

f:id:monna8888:20210223103124j:plain

ハシヤって、西新宿のビルの中で、いつも行列ができているスパゲッティ屋さん。新しいビルを通り抜けて、

f:id:monna8888:20210223103517j:plain

工事中の横を通り抜けて、朝7時に開くというパン屋でベーグルなど買ってみたりします。

f:id:monna8888:20210223110818j:plain

小走りで、開店時間に合わせてハシヤへ。

f:id:monna8888:20210223112001j:plain

思い切って、「牡蠣」のパスタを注文します。牡蠣うめー、うめー牡蠣、牡蠣最高。

 

しかし、T門ベストテンに入れるかどうかは迷うところ。わざわざ電車に乗ってでも行きたいランチかどうかというところがポイントです。TPはタラコとイカのバター風味みたいなものを大盛りで注文。店を出て「どうやった?」と聞くと「(少し間を開け、腹から出すような声で)…あ る で ん て い っ」と軍配を上げる仕草と声色で答えるTP、ちょっと声大きくて恥ずかしっ、ちょっとめんどくさっ、と思いながら、氣持ちは一緒で安心します。あるでん亭にまた行きたい。勝者、あるでん亭。

f:id:monna8888:20210223115053j:plain

密を避けながら開店したばかりのスーパーに寄ってみます。豆腐の種類多っ!

f:id:monna8888:20210223115236j:plain

抹茶もあったので買ってみます。

f:id:monna8888:20210223120419j:plain

帰り道、ミモザの花が満開です。


ジョージ・クルーニー主演『ミッドナイト・スカイ』予告編 - Netflix

この作品を選んだTPはやたらと褒めていましたが、私は退屈してすぐに眠たくなってしまったので正直に「もしかしたら寝るかも知れん」と告白すると、えっと驚いて、それなら昼寝しようとのこと。1時間ほど昼寝して、映画を続きから観ます。設定は未来なのに、今どき音声でしか通信できないってどういうこと?とか思いながら、ふーんと思って観終わります。

 

f:id:monna8888:20210223203311j:plain晩ごはんは、初、石狩鍋。先日、スーパーに行ったとき、石狩鍋スープの素をTPが発見して、食べたことないので作ってみようとなったのです。新しいスーパーで買ったちゃんぽん麺(2人前で99円)も投入し、鮭も見えなくなったけれど、とにかく美味しくて驚きます。何がこんなに美味しいんだろう?味噌風味なのに味噌汁っぽくはなく、やさしい味でした。

メモ:ようやく、ネトフリで不時着を見始めた。今のところ普通。

餃子の後で餃子

f:id:monna8888:20210222225805j:plain

労働と残業。それにしても今日は集中してはたらいた。リフレッシュできたことが大きかった。生まれ変わるわたし。いつまで続くこの感覚。

 

餃子がうまく焼けないと、本当にうんざりしちゃいます。餃子だけじゃあんまりだろ?と慌てて作ったよくわからないモヤシとソーセージのスープ、何だこれ?レディーサラダ大根の甘酢漬けを添えて。母からメール。お父さん、明日無事に退院ですよ、冷凍のもの少し送りました、宮崎の餃子です、だって。餃子食べたらまた餃子が届くようなので、夢にも餃子が出そうです。

極めたい

朝、6時30分に目が覚めました。TPはどうやらコタツで朝まで眠ってしまったよう。「TP、カヤトースト行く?」そっと揺さぶって起こすと、行くとのこと。

f:id:monna8888:20210221075851j:plain

お腹すいたから電車なんか乗っちゃってみたびの西新宿。

f:id:monna8888:20210221081143j:plain

本当に朝7時から開店しているのでうれしくなります。何年か前、シンガポールで食べたカヤトースト。あらためて検索してみると私はカヤトーストを食べずにチーズトーストを食べた様子?それなのに懐かしい味です。

f:id:monna8888:20210221083915j:plain

店を出ると、そこには昨日チェックアウトしたばかりのヒルトンホテルが。私のヒルトン!また呼んでね!

f:id:monna8888:20210221084509j:plain

ほれまた、歩いたことのない道がある。たっぷりと朝さんぽして、また新しい道を発見して帰ります。


The Forty Year Old Version (2020) | Elaine Intro Opening Scene 1080p | Radha Blanks Movie | Netflix

40歳の解釈 ラダの場合、という映画をネトフリで観ます。40歳のラダがラップするという映画、こんなに周りがお膳立てしてくれたり、励ましてくれたりするのに本人がなかなかラップしないものだからフラストレーションがすごく溜まります。が、観てよかった。

f:id:monna8888:20210221124259j:plain

昼、突然に「ちゃんぽん食べたい!」となったので、カット野菜と創味シャンタン、生麺を買ってきて作ります。そのおいしいこと!見た目はさておき。これからしばらくは、ちゃんぽんブームが続くかも知れません。それにしても何故、突然にちゃんぽんが食べたくなったかと思い返すと、朝さんぽからの帰り道、2件もちゃんぽん屋さんを見つけたからでしょう。一度インプットされると、どうしても逃れられなくなるというサガなのでしょう。お腹いっぱいで、昼寝。

 

晩ごはんはもちろん、牛すじ丼。ようやく味も濃くなってきました。牛すじ煮、ちゃんぽん、朝さんぽ。あー忙しい。極めたいものがいっぱい。TP誕生日旅行を含む私の連休がもう最後だということは思い出さないように。牛すじ煮、ちゃんぽん、朝さんぽ、ツナバゲット、あるでん亭、抹茶…

ヒルトンで朝食を

f:id:monna8888:20210220072117j:plain

ヒルトンで目が覚めることは何と贅沢なことでしょう。今回の宿泊プランには部屋での朝食も含まれています。

f:id:monna8888:20210220072126j:plain

おいしいんだかどうだかわからないけどとにかく贅沢な氣持ち。満足。

f:id:monna8888:20210220102122j:plain

新宿西口の公園のことをTPは「前から、もったいないなーって思いよった」とオサレカフェみたいなものが出来て、雰囲氣が明るくなっていることを喜んでいます。朝から散歩したりジョギングしたりするひとたちを、エンドレスで観察し続けます。

 

ヒルトンのベッドで昼寝して、チェックアウトは12時、お陰さまで本当にゆっくりできました、身体の疲れが全て抜けました。ありがとうございました。「お世話になりました、良かったらまた呼んでください」と部屋に言って、「本当にありがとうございました。また呼んでください」と廊下にも言っているとTPが「お金払えばまた来られるよ」「お金払えばね」とか言うのであはっと笑います。

f:id:monna8888:20210220121648j:plain

名残惜しくなるかなと思ったチェックアウトも、完全にリラックスできたからか、むしろ充実感でいっぱいで、昨日見つけた三角ビルのパスタ屋で昼ごはんを食べます。ひとくち食べた瞬間に、あら?おいしい、ふたくち、みくちと味わって食べているとTPが「T門のベストテンに入れるかどうかは、もう一度来て、別のメニューを食べてから決めよう」とか言ってます。よし、また来よう。

f:id:monna8888:20210220123613j:plain

ありがとう、あるでん亭。また西新宿を歩いて、新しい道を発見したりして、いつもの古いアパートに戻ってきます。録画しておいたジルバを見て泣いて、洗濯機を回しながらTPは昼寝。私は牛すじを買いに。

f:id:monna8888:20210220201442j:plain録画しておいた牛すじ煮込みの作り方を見ながら作った牛すじ丼。贅沢なご近所旅行から、ゆっくりと当たり前の暮らしに戻ります。牛すじは、おいしいけれど煮込みが足りないぼんやりした味になりました。ま、こんなもんか。もっと研究して、牛すじ名人になりたい。

再発見の街

目覚まし時計で起きて、最上階の露天風呂にちゃぽんと浸かると、ビルとビルの間から富士山がくっきり見えました。思わず、同じ露天風呂に浸かっている女性に「富士山が見えますね」と言うと「えっ、どこ?あ、本当だ」とにっこり。「どちらからいらしたんですか」と聞かれたので「都内からです。歩いて来られる距離なんですけど、贅沢したくて」「私は福岡です。娘の受験で」「私も福岡ですよ、市内で」「私は大野城」などとなごやかに会話。7連泊しているそう。束の間のご縁。

f:id:monna8888:20210219072457j:plain

ネットで予約する際、「TPの誕生日旅行やけん」とプラス450円で朝食グレードアップ、みたいな案内があってグレードアップしたはずだったので店員さんに、グレードアップって何がグレードアップされたんですか?と尋ねると、首をひねり、わざわざ受付に問い合わせてくれ、それでもわからなかったとのこと。部屋に戻ってネットでもう一度検索して確認すると、朝食グレードアップじゃなくてお部屋がグレードアップだったよう。階が上がったらしい。すみません、お騒がせして。TP、誕生日おめでとう。

f:id:monna8888:20210219115448j:plain

ひと眠りして、リュックを背負って、チェックアウト。「歩いて帰れるけど、帰らん」「旅行やけん」と新宿西口へ。2泊めのステイホーム先は何と、ヒルトンホテルを予約しているのです。

f:id:monna8888:20210219122502j:plain

「TPの誕生日旅行やけん」贅沢にお寿司ランチ。

f:id:monna8888:20210219132005j:plain

初めて入る喫茶店、MAX。サイフォンコーヒーのしっかりした味。

f:id:monna8888:20210219143507j:plain

チェックインまでの4時間、西新宿をウロウロ、あちこち散歩して、三角ビルの下の方が改装されてあるので驚きます。

f:id:monna8888:20210219144244j:plain

床、テッカテカ。

f:id:monna8888:20210219144441j:plain

こんな店があるのか!「土日もやってますか」と店員さんに尋ねると、「はい、朝7時からやってます」と言うので絶対に朝散歩で来ようと誓います。それにしても、これまで何度も歩いたはずの街でも、泊まるつもりで歩くと全てが旅先のように輝いて見えます。どのお店も美味しそうに思えます。朝7時オープンというパン屋も見つけて、人生にはまだまだ楽しみがいっぱいある、そう感じます。

f:id:monna8888:20210219145537j:plain

いざ、ヒルトン!

f:id:monna8888:20210219151602j:plain

まさかの最上階の1つ下の階。

f:id:monna8888:20210219152118j:plain

同じ階のラウンジでは、飲み物飲み放題。何と贅沢なことでしょう。普段飲まないジンジャーエールなんか飲んじゃって。

f:id:monna8888:20210219152152j:plain

部屋からは富士山も見えます。今日は二度めですね、富士山さん。

f:id:monna8888:20210219153217j:plain

ヒルトンの廊下。

f:id:monna8888:20210219154204j:plain

ヒルトンのプール。水着なんか持参しちゃって、コロナ対策で40分の貸し切りで泳いだりしちゃいます。更衣室に備え付けのサウナなんか入っちゃって、シャンプーも済ませちゃって。

f:id:monna8888:20210219171511j:plain

夕方からはラウンジで無料のバータイム。

f:id:monna8888:20210219182124j:plain
夜景を見ながら、シャンパンやら日本酒やら飲んじゃって。おつまみなんか食べちゃって、10種類くらいの小鉢を全部食べちゃって。何か楽しくてしょうがない。TP、誕生日おめでとう。子どもの頃、親戚一同お墓参りの帰りに京都の叔父が「ヒルトン泊まるか」と言った瞬間、母が「わー!」と手を叩いて喜んだことを思い出します。あのとき、祖母はユニットバスが初めてで、お湯を張った湯船から「洗面器がないわ」とゴミ箱で湯をすくってじゃーじゃー流したものだから、下の階から水漏れの苦情が来て大騒ぎだったっけ。母は大笑いしていましたが、私だってユニットバスは初めてだったように思う。浴衣を着て、弟とベッドでジャンプしまくったっけ。何もかもが贅沢で、大はしゃぎの夜でした。

f:id:monna8888:20210219213910j:plain

今日からは、TPの誕生日旅行で宿泊した思い出が加わります。本当は外に焼き肉を食べに行こうと言っていたけれど、無料のラウンジでゆっくりし過ぎたので最後の贅沢でルームサービスで夜食を取ります。ヒルトンで食べるとマヨネーズまで特別に思えます。贅沢やねー、いつも歩いとった道が全く違って見えるね、目ン玉が入れ替わったみたいやね、などとお喋りしながら、夜の西新宿の街を少し散歩します。

 

TPが「あの看板、うちから見えた」と言うので、あんなに大きい看板、アパートから見える位置じゃないのになと驚いていると、どうやら泊まっている部屋のことを「うち」と呼んでしまったよう。ぷっ。そうやね、今日はあの部屋がうちやね、うちに帰って、ゆっくりとくつろぎます。

在住

連休。朝、薬局で何かのついでに買っておいた安いパンに、シーチキンにマヨネーズ、塩コショウ、冷凍チーズを乗せて焼いて食べてから、ごろごろ、ごろごろとネットしたり録画しておいたテレビを観たり、コタツに寝転がって目を閉じたりしていましたが、明日はTPの誕生日、そのために随分前から申請していた有給休暇、海外旅行はもちろん行けないので我が家の旅行計画係のTPは、数日前から検索を重ねて、在住区内で宿泊することに決めたよう。ステイ在住区。

 

老舗ホテルは?と言うので、OKと答えます。どこだっていいんだ。その話しの流れで「区内の温泉で検索したら、近所のホテルが出てきた。箱根からお湯を毎日運んどうって」とか言うので、「えっ!?どこ?」と食いつくと、以前、前を通ったときに和食料理屋さんかと思っていたところが、まさかのホテルだったので驚きます。「じゃあ、TP誕生日は老舗ホテルに泊まるとして、今日はそっちに泊まる?」とか言って、よーし、せっかくの連休、GO&GO!とネット予約して、10分でリュックに荷物を詰めて、茶碗を洗って、TPは洗濯物を畳んで、掃除機をかけて出発します。ゴーゴー!G&G!!!

 

 

f:id:monna8888:20210218152607j:plain

靴下履いて靴履いて、リュック背負って歩いて、予約したばかりの宿にチェックイン。

f:id:monna8888:20210218153903j:plain

館内は何から何までオシャレぶっているけれど、壁紙とか柱とか床とかは、安めの材料みたい。期待せずに部屋に入ってみたら小さい窓からは新宿の景色が。

f:id:monna8888:20210218154155j:plain

オッシャレー。

f:id:monna8888:20210218154207j:plain

おっしゃれぶってるー。(母なら、しゃれこうべーって言う)

f:id:monna8888:20210218154742j:plain

ああ、歩いたところだらけの街。

f:id:monna8888:20210218170009j:plain

早速、最上階の露天風呂にたっぷりと漬かって。虹みたいなものが見えて。裸でお湯に漬かって見渡す景色は、これまで十数年暮らしてきた場所を、全く違う角度から見せてくれました。何だか、在住区への感謝が湧き上がって、心がポカポカするのはなぜ?

f:id:monna8888:20210218181402j:plain

晩ごはんは何かをどこかに食べに行っても良いけれど、この部屋から見える景色をもっと目に焼き付けたいものだから、イトーヨーカドーにお弁当を買いに行って、部屋で食べます。f:id:monna8888:20210218212218j:plain

晩ごはんを食べてから、また露天風呂に入ります。風呂上がりは、お楽しみの知ってるワイフ。みんなもきっと楽しみにしているんでしょうか?10時間近になると、お風呂から続々上がっているように見えます。ドラマはいつもどおり胸が熱くなって、わーってなります。

 

それよりも、この景色。この街の景色が大きめのセーフティーネットのように十数年、誰もを受け入れてくれて、あの道、この道、あのビル、このビル、あちこち歩いた道。

 

「新宿、ありがとう〜」と開かない窓から街に向かってお礼を言います。ステイホテル。ステイ在住区。数十分移動しただけの、ステイ・ホーム。。。

温泉…

 

旅行氣分…