逃げろ!

朝、6時5分にホテルをチェックアウトします。無料の朝食サービスのパンももらいます。ありがてー。とにかく台風から逃げ切る必要があるので、早め早めに行動開始です。

どん曇り。

同じ6時台の新幹線でも、ひとつ前の便に間に合ったので、乗ります。まだガラガラ、それでも新大阪では満席になるとのアナウンスで、自由席に移ります。

マイラホテルでもらったパンを食べます。まあるくて、かわいい。

さよなら。

ふと、車内販売で買ったコーヒーと一緒にもらったゴミ入れ用ビニール袋を、外側に折り返して自立させます。これ、キャンプのゴミ箱でも使えそう!!!

岡山旅行の初日に購入した文庫を、読み終えます。どうしてでしょう?思わず涙がポロポロとこぼれます。20年という年月を、自分を宝物のように過ごしているひとがいるという嬉しさかな?それとも、声高ではないのに頑固に作り上げた世界が最後の解説でまるっと認められたようで感情移入したのかな?不思議です。

モンベルカーディガンをかぶって昼寝しようとしたところ、外が透けて見えることを発見しました。TPに「今、私は目を開けているでしょうか、閉じているでしょうか。私の目、見える?」とクイズを出しても「わからん。見えん」とのこと(本を読んでいるからって、雑に)、おっ!?これは、使えるかも。寝ているフリでこっそり何かを観察したいときに。

そんなことより新幹線に乗っていることが楽しくて眠れずに、あっという間に都会へ。到着。家に帰りましょう。

昼ごはんは、たっぷり冷凍してある業スーパスタで、明太マヨパスタ。せめてものナスを添えて。家に帰った瞬間に、土砂降り。台風から逃げ切った。家に帰ってからもつい、岡山の天気予報や岡山のニュースにアンテナが立っています。停電が解消しますようにとか、台風被害がありませんようにとか。何とか逃げ切った。台風、大騒ぎ。

桃太郎線行ったり来たり

夕べイオンで買っておいた朝食を食べて。このところ、キャンプ朝食の影響か、それとも「奇蹟の画家」で読んだ石井一男さんの影響でしょうか、インスタント味噌汁ナシには物足りない、味噌汁もイオンで買ったものです。

岡山と言えば、後楽園。歩いて向かいます。

後楽園。

川を挟んだお向かいの岡山城は工事中で入れません。

鉄橋を渡って、

後楽園に入ります。

後楽園から見た岡山城

後楽園の小山から見た後楽園。

大きめの東屋みたいなところは、真ん中に水が流れています。

とても感心したのは、実用的な庭園であること。茶畑もあって、

水田もあります。実際に収穫して食べたり飲んだりしていたそう。

巨石も、割ってから運んで戻したそう。

何より、お掃除の行き届いていること!清掃の方が丁寧にお掃除されています。感激!

蓮もたっぷり。

さあ、出ましょうかと思ったら、石愛好家の方々が展示会をしていました。入場無料なので入ってみます。どういうわけか、ひとりの気さくで優しいおじさんが、そっと私に説明してくれます。見立てとか、野草盆栽との組み合わせで世界を作り上げるらしい!感動したので写真を撮ると「それ、私の作品です」と仰るので運命を感じます。

この展示では珍しいツルツルタイプ。

だいたいは、ギザギザタイプと小さい鉢植えのセットです。

愛好家たちで計画して、北海道まで石を探しに行くらしい!!

石の台も作る方がいるらしい!

こちらは、雨の中のお坊さんという見立てができるらしい!!

だんだんと自分が小さくなって、石に登ったりする姿が見えてきます。

お手頃価格で販売もありましたが、旅行中なので我慢我慢。

こちらはすでにお金持ちの方が購入済の「虚無僧」。どうしよう、今後は山に行っても川に行っても、見立てができる石ばかりに目が行ってしまったら!!(転職?)

古い商店には変わったウィンドーもあります。

太郎さんだ!RCに見せたくて写真を撮ります。

TPから「石のところで、もう門が永遠に進まんかと思ったよ」そう、たーっぷり説明を聞いていたのでね!TPはサッサと行っちゃったけれど。それにしても、あんな世界があったのか。石の魅力。

岡山で有名な?ら・む〜マートに入ってみます。

安っ!!

さあ、まだ一日は始まったばかり、電車に乗って、

三度の桃太郎線で、

吉備一宮駅へ。(今日は一体何をするんだろう?)

TPと歩いて、まずは吉備津彦神社へ。

今度は2キロくらい歩いて、吉備津神社というところへ行くらしい。歩きながら、キャンプのことやら今回の旅行のことやら、お喋りします。

こんなに田んぼだらけの道、歩けるのがしあわせ。

変質者が出たら、頭突きしてやるぜ!

朽ちかけたラブホ。ところで、TPはずっと台風のことを心配しています。帰りの新幹線が止まったらどうする?と台風から逃げられるよう旅程をずっと検討しています。私は台風が大好きなので、風が強くなってくると途端に元気が出てきて声が大きくなってしまいます。「どうしたと?突然声が大きくなって。あ、わかった、風が強くなったけん?台風クラブ」とか言われても平気。台風が来たらどういうわけか、大きい声を出したくなる!

牛の鼻グリが集められるという塚に向かって一礼して、

吉備津神社へ。

立派な観光地!

重要文化財という回廊を通ります。

回廊の先からポンッと出て、松の通りを通って駅まで。

次の電車は40分後。じーっと良い子で待ちます。

岡山駅まで。この桃太郎線(とつながった伯備線)ばっかりを何度も行ったり来たりしています。

TPが、牡蠣の入ったお好み焼きを食べようと計画してくれていますが、店が見つかりません。

古くからありそうな、ラーメン屋さんに入ります。

TPはとんかつラーメン、私はネギラーメン。素朴な味!

岡山駅で、台風が来るけれど新幹線の切符を買っておくべきか駅員さんに相談します。みな台風情報で踊るように、みどりの窓口はぎゅうぎゅうの満員、長蛇の列!たまたま通りかかった、すごくいい顔をした女性の駅員さんがプロフェッショナル!「明日、午前中は走る予定なので、早い時間を購入しておいた方がいい」「券売機でも買える」など、知りたい情報を的確に教えてくれます。一気に安心します。

新幹線の切符が買えて良かった!チェックイン!

格安ホテルなので設備は古めだけれど、サービスが良いようです。

シャワーを浴びて、夜に散歩します。

どこも人出が多く並んだりしていたので、ホテルの下でいっか、とたまたま入った居酒屋が最高でした。お通しからして、おいしい!!(厚揚げとうずらと、オクラのおひたし)

タコとイカのお刺身(かぼすがこんなに合うだなんて!!)

え、これが鶏の唐揚げですか?(おっしゃれー!!)

チヂミだって、ふっくらカリカリもっちもち!!

ポテサラの向こう側。

TPと2杯ずつ、地元のお酒を飲んでお腹いっぱいになって2人で4500円くらい?すっごい。店員さんもすごく軽やかにお客さんに敬意を払うような対応で感謝感謝です。

マイラホテルのマイラッコ、この場所が好きになって思わず買っちゃいそうになります。でもグッと我慢して買わずにおきます。

このところずっと読んでいた本を読み終えます。深く、深ーーーく感動。深ーーーーーーーく感動。

明日は早起きだ、6時台の新幹線だ!

偶然

朝7時30分、岡山駅の西口にバスは到着しました。

どこに行くとかいな?

まずは腹ごしらえ、構内の立ち食いうどん屋さんで、かき揚げうどん(TP)、肉うどん(門)、ままかり寿司(半分ずつ)。ままかりという魚を食べたかったのでうれしい。

桃太郎線から伯備線につながる列車を待ちます。

高粱川にかかる橋。

備中高梁駅で降りて、備中松山城行きの乗り合いバスを探します。ツタヤ兼図書館兼インフォメーションセンターという謎の場所で、バスは予約でいっぱいなのでタクシーで行った方が良いと教わります。

タクシーの運転手さんはお喋り好き、とうとうとこの地の歴史を案内してくださいます。「やまだほうこく」「にいじまじょう」が、運転手さんのお気に入りらしい。

備中松山城現存天守12城の完全制覇を目指しているらしいので。

汗びっしょり、ふうふう言いながら天守閣を目指します。

(夕べ、ほとんど眠れていないので、辛っ)

「館長」とのこと。

いい眺めじゃのー

床板は複雑な継ぎ方。城を後にして、またタクシーに乗って駅まで戻ります。行きと帰りのタクシー、偶然にも同じおじさんだった。

電車に乗って岡山駅まで戻る方向で、お次は「倉敷」とのこと。

岡山に来たのは、もう◯十年ぶりです。母と、なぜか京都の叔父もいたっけな?どうしてここに来たのだろう?倉敷も来たことがあるはず、でもあまり記憶に残っていません。

倉敷の川沿いでお昼寝から目覚めたおじさん、いいなーと思ってこっそり写真を撮ります。

お店の軒先に座ってひとやすみするおばあさん3人組、いいなーっと思ってこっそり写真を撮ります。

美観地区のすぐ裏手には、小高い山があります。

大原美術館」の別館で、ヤノベケンジ作品。寝不足の頭もシャキッとします。

昼ごはんを食べる場所を探して、もう1時間も歩いています。TPが先回りしてお店を見に行ってくれた瞬間、ふっと横を見ると本屋さん?看板には「蟲文庫」とあります。へ?あの?あの?吸い込まれるように入ってみると、苔の本があって、店主の本もそっと置いてあって、帳場には雑誌などでお見かけするMさんがいらして、ここが本当にあの蟲文庫?ゆっくり、何か買いたいと本棚をていねいに見ます。店内を風が吹き抜けます。あー、いい気持ち。?ん?TPは?いけない、慌てて外に出てTPを探します。向こうから汗だくで走ってきたTPに「こっちよー」と手を振ります。「びっくりしたー、急に消えたけん」「ごめんごめん、それよりちょっと本買うけん」と店に戻って、せっかくなので店主の本を買うことに。「ここにお店があったんですね、観光に来て偶然見つけて」と思わず言うと店主のMさんはくるりとした目でニコッとしてくれ「それは良かったです、店の名前が珍しいから」「はい、本物かな?と思いながら入りました」それにしても中庭というか裏庭の、ガラスから見える石垣の美しいこと。光が当たって輝いています。「石垣、美しいですねー」「ありがとうございます、このあたりはだいたいどの家も裏が石垣になってるんですよ」へ〜!時々ヤモリが出るとも教えてくれます。憧れだったのでうれしい。「台風が来るらしいので、どうぞお気をつけて、楽しんで旅行してください」とか言ってもらっちゃって浮かれそうになります。好奇心でキラキラした目のMさん。Mさんのお店、また来たい。

うっとりしながら本屋を出て、TPにしたらワケワカメでしょうからこの古本屋さんへの熱い思いを語ります。「いつか来たいと思っていた」「でも店の場所を検索してまで行ってがっかりするのが怖かった」などと。

和食にしましょう。おいしい、でも少ない!

蔦だらけのレンガ造りの建物に訪れて。亀祭り。

TPが行きたいという「大原美術館」へ。荷物を預けて、豪華すぎる豪華な面々の絵を見て回ります。恐ろしいことに目の前に、ピカソ、モネ、モディリアーニゴーギャンマティス、マネ。。。(うぷ、お腹いっぱい)こじんまりとしているのに、豪華すぎて、本館の最後に若手の作家の絵が出てきたときに、ふーっと深呼吸できるような気持ちになりました。新鮮な空気を胸いっぱいに吸い込みます。

ポンッと裏側から出てきて回廊式だったのか!?と驚きます。

お隣りの、カフェ「エル・グレコ

入り口はおどろおどろしいけれど、入ってみると気さくで、コーヒーも軽やかでおいしい!

倉敷って、川も大事だけれど裏山の岩とか石垣とかが大事なのかもしれない。雨もぽつぽつと降ってきたので、岡山駅に戻りましょう。

岡山駅の地下は、けっこう広い範囲でつながっていてビックリ。

桃太郎(とキジ)。

駅前に、山本太郎がいました。

今日の宿は、駅に近いところ。

だんだんと、雨も強くなってきました。

TPが行きたいというドミグラスソースのカツ丼屋へ。ちょっと並んだりするほどの人気店だというのに、どういうわけか、ザ・ファミレス味!味噌汁までもが!

岡山は、用水路も含めてあちこちに川やら水路やらがある印象です。あっちこっちに水辺。

岡山駅近くの、イオンに入ってみます。明日も早くから観光する予定なので、朝ごはんを買っておきましょう。だだっ広いイオンで、軽くテンション上がります。TPは悩みに悩んで、おはぎとサンドイッチと、他にも甘いお菓子や塩っぱいお菓子など買っています。育ち盛りだね!

言い返せる

今日もまたしごとの進みが悪い的なことを言われるけれど、だんだん平気になってきました。言い返せるから。「そんなことない!ずーっと淀みなく作業してこれ。もう朝からずーーーっっと!疲れた!」次は、何度も言わせないでと言おう。

そんなことよりも、空の雲が可愛い!珍しく職場で仲良くしてもらっているFさんとKさんにチャット。雲が可愛い!と伝えると、ポコポコ雲!と返事。夕方にはFさんが夕焼けがきれいとスマホで撮った写真を見せにきてくれます。こういう良い瞬間もある。

「カメラのレンズが映ってしまう」とデジカメの写真を見せたらFさんが「本当だ!ばっちり映ってる」と笑ってくれます。

そんなこんなで今日も人使いの荒い部署で残業、帰ってすぐに荷造りしてバスに乗ります。

TPが最初につれて行ってくれた乗り場は間違いで、

別のバス乗り場が正解。

座席が最初から全員分倒してあって感激。

岡山だって!

途中のサービスエリアでは、100%雨とのこと!

1時間ほどはウツラウツラ、それでもサービスエリアに停まるたびにパッチリと目を開けて降りてしまいます。

結局、ほとんど眠れなかった。

そして朝を迎えようとしている。

TPが「門ちゃん!リボンの騎士の等身大人形がおるよ!」と呼びに来てくれて駆けつけます。本当だ!でも思ったよりも頭が大きい。帽子はきっと特注やね!

ようよう朝だな。バスは3連休と高速道路工事で渋滞し、到着も1時間遅れるらしい。その分、少しでも眠れますように。岡山へのワープは、スマートには行かないようです。でもワクワク!

代休

今日は、お楽しみの代休日!絶対にパソコン開かないと決めて、ちょっとだけ開いて質問に答えてパッと閉じちゃいます。そして今日も、アマゾンで買ったシーラーで、あれこれサイズダウンしたりするお楽しみです。

厚揚げとこんにゃくをおでん風味に煮付けて昼ごはんにして食べます。

そして、あれこれと冷蔵庫の整理をしながらも、乾燥ニンニクを機械で砕いたり、湿気た海苔をタッパーに移したり、実家から送られて来るものを整理したりしていたら、どんどんあれこれ広がって、

TPと買い出しに行った業スーパスタを、2人前280グラムずつに小分けして(握力使って半分に折って)シーラーで閉じたりして、てんてこ舞い。パスタは常温で置いておくとダニが寄ってきそうで怖いので。途中、何度も諦めそうになった、それでも。もう二度と業スーパスタは買いません。

これを冷凍庫に入れて、穏やかな代休の一日は終わります。明日もしごと。

昭和のピンポン

朝ごはんに、蕎麦をゆでます。TPを駅まで見送って、家に帰ってしごとします。

結局、夕方までしごとした。パワハラ軍団の傘下のひとたちからは「おやすみのところすみませんmm」と質問が届くし、パワハラ軍団のせいでてんてこ舞いの部署からも質問が相次ぐから。晩ごはんは先日、TP弟Sちゃんとの唐パで残った鶏肉を冷凍していたのを揚げただけ。

そんなことよりも、宅配便のお兄さんがピンポンを鳴らさずに家のドアをどんどんするのが続いたものだから、

家のピンポンの電池を替えてみたところ、ちゃんとチャイムが鳴るようになりました。ほっ。昭和の、古いピンポンです。胃を悪くして入院しているはずの大家さんは、まだ家賃を取りに来ません。お見舞いに行きたいけれど奥さんが怖いタイプなので、行けません。

手打ち

TPと朝のドトールへ。だいたいいつも同じメンバー。英語を勉強しているおじいさん、笑わないひっつめ髪の女性、それでもコロナのときと違ってお客さんがとても増えて来ました。どうしても仕事に行きたくないから、今日も旅行者気分。

え?日本にはこんな形のマンションがあるのですね?

まあ、都会の片隅に昭和の建物。右と左で道の高さが違うのですね?

 

駅のトイレ。すべての個室が埋まっているのにどこからも何の音もしない。スマホしてる?バスの広告「神秘の健康力、特許商品、にんじんちゃん」今日も上司から無茶振り、残業。そして私のしごとが遅いと思っている節。「責任持てない、責任持てるまではちゃんと理解しないとできない、それにはある程度の時間がかかるのは仕方ない」と言います。要は、若者一人暮らしの冷蔵庫からいきなり高級中華料理を作れ、みたいな司令には従えない。ある程度の家庭料理なら作れるけど!でも成功するとは限らんよ!私もだんだんと強くなっています。それでも、ひとりで30人前のディナーを作り続けている店を経営している的な彼女のがんばりには経緯を払いたいから、明日は休日だけれども、自腹でちょっと仕事しますと言って帰ります。そんなことしないで休日勤務申請してと言ってくれたけれど、休日勤務申請したらまた代休を取らねばだから。ちょっと恩を着せる感じで今日はお開き。私がどうしてミスが多いか?と言うけれど、ミスせざるを得ない時間設定でしょ?と。しかも大したことじゃない、相手だってミスしていると。強い私。手打ち。

 

新しいバス停

できたてホヤホヤのバス停、ずっと作るところを見ていたので工事関係者の方に敬意を払う思いで写真を撮ります。

 

おつとめさきで、今日もあれこれ無茶振りさる。1ヶ月前に入ってきたばかりのひとは辞めることになる。今まで同じ会議に出ていたのに会議が終わるとあれどうなりました?と言うので、会議だったでしょ?まだ何も手を付けてませんと答える。そんなことの繰り返し、残業。

夜はちょこちょこ晩ごはん。朝残ったホットドッグはTPが夜に食べてくれました。サンキュー、食欲!