今、徳島県に居る

おっはー!

(TPの朝食は、夕べから決めていたというピエトロの高級冷凍食品。800円くらい?ひっ)
おっはー!

(私の朝ご飯は、うどん。350円。説明書を読まなかったのでお湯の分量を間違えて、後からお湯を足しました)自販機で、レンチンの冷凍食品を買って朝ご飯です。夕べは一度、明け方に目を覚まして無料のお茶をカップに注いで飲んで、また寝ました。

東京港から出港して、太平洋(ほぼ日本列島に沿って)を移動して、あと数時間で徳島です。

TPが、コーヒーごちそうするよ!と自販機で買ってくれたものは、2個セットのインスタントコーヒー。それすら、嬉しい。朝風呂に入ります。少し、二度寝します。起きてもう一度、風呂に入ります。大満足です。

それでもまだまだ徳島には到着しないので、昼ご飯を食べます。レンジでチーン!

兄弟船とすれ違います。私が、船内に貼ってある御朱印帳ならぬ御船印帳のポスターをじーっと眺めていると、リアル船員さんが声をかけてくれます。「これ、いいですよ。私も船乗りの同僚と一緒にやってます。どちらかが船に乗ったら2枚買って、2倍早く貯まる」御朱印のようにシールを買って集めて事務局に送ると、ランクのあるカードが送られてくるそう。そんなことより、船員さん情報では、長距離フェリーの秋田行きとか色々と各港から出ているそう。こりゃー、ますます夢が広がります!

TPランチ。

憧れの長距離フェリー旅も、いよいよ終焉です。午後1時20分、予定時刻ピッタリに、フェリーは徳島港に到着しました。みんなで接岸を見守ります。

徳島港から徳島駅行きのバスに乗ります。

徳島駅から鳴門駅行きの電車に乗ります。

四国のJRの路線図のスッキリと美しいこと。(いつかぐるっと一周してみたい。夢がますます広がります)

鳴門駅からは鳴門大橋行きのバスに乗ります。が、今日宿泊する宿は晩ごはんをつけておらず、周りにはコンビニも飲食店も無いそう、バスの発車時刻までわずか10分、線路を渡って向こう側のスーパーへ猛ダッシュします。私はビールを買い込み、TPは弁当を買い込みます。

ふう。間に合いました。そして、今度は瀬戸内海?というよりは、紀伊水道?(ブラタモリ情報)が、ダダ見えです。すごい。

バスで約20分、ポンっと降ろされたところは人気の少ない場所。恐る恐る階段を上がってみると、

鳴門大橋がドーン、寒い、そして小雨。震えながら、鳴門大橋から渦を見るチケットを購入しに行きます。

受付ではっきりと、微笑みながら「今は、うずしおは、見られないね」と言われてあははと笑います。潮流が交差する時間帯が重要だそう。資料館に入って、大鳴門橋がかけられた経緯や、その工法などを学びます。

資料館を出て、大鳴門橋へ。(小鳴門橋もあるそう)

橋の下の通路を歩きますが、寒いったらない!今晩泊まる予定のホテルが見えました。海沿いかな?そしたら一晩中、海が見えるかな?

震えながら、見えないだろう渦潮を探します。

どれほど粘っても、渦潮っぽいものは無いけれど、少しだけ渦潮っぽいもの、渦潮と言えなくは無いものが見えたので、渦潮を見た!と思い込むことにします。

今日のお宿にチェックイン!窓からの景色は?

トンネル!よし、一晩中、トンネルから出てくる車を眺めましょう。

そんなことよりも、フェリーで買ったTシャツと、持参のジャージに早速着替えてくつろぎます。米軍式のたたみ方をアレンジして、パジャマセットはポンッと取り出すことができます。

ホテルの部屋の、案内プレートやらを片付けて机を広々とさせて、冷蔵庫も引っ張り出してサイドテーブルにして、今日の晩ごはんを広げます。

そうだ、今、徳島県にいるんだ。明日のお天気はどうかな?TPは、大浴場から戻って、仮眠を取って、コンクール用の何やらを書き続けています。私も大浴場へ行って、お湯がぬるいと思いながら鳴門大橋の景色を満喫して、部屋に戻ったら徳島のカップラーメンを食べようと目論んでいます。今、私は徳島県に居る。徳島だぞ、徳島県。何度も言い聞かせないと、まだ鎌倉の寺巡りをしているような感覚になるから。それにしてもフェリーでの移動は、最高でした。

東九フェリー

朝、持参の目覚まし時計を6時半にかけます。その前に目が覚めて、起きます。荷造りを済ませて、7時からの朝食会場へ。パンが沢山あって、選び放題、ドリンク飲み放題です。ひとり一泊、3000円くらいなら、大々大満足です。

江ノ電に乗って、

海を眺めて、

長谷寺へ。長谷寺は有名なのでてっきり来たことがあると思っていたら、来たことが無いようなお寺でした。

池好きのTPが「あっ、金魚!鯉やない!」とか言っています。

お供えの花を無心で食べる鳥。あなたは誰?画像検索してみたら、ヒヨドリでした。たぬきっぽくて、くちばしは短い鳥、それはヒヨドリ。今度見つけたら「あ、ヒヨドリ!」と声をかけたい。

長谷寺では、木造の観音様がいらっしゃいました。とても荘厳で。朝の御経も最高で。鎌倉駅へ。

一服しようかと思っていたら、鎌倉駅周辺の喫煙スポットは皆無!JRに乗って北鎌倉駅へ。

えっ!?マジで?私、TPと円覚寺に来たことあるって思い込んどった。北鎌倉駅円覚寺は、RCとは来たはず、もう今回で4回めくらいでうんざり感があったのに。とにかく人が多かったっけな。TPと初めて来ることができてヨカッタです。

明月院。雨も降っているし、花も咲いていないので、TPスケジュールに沿って、建長寺とやらへいきましょう。TPが「ブラタモリのお寺よ」と教えてくれます。

入場料500円。「ブラタモリ見て、来ました!」と言うと、受付の方、ニコッと笑って「ありがとうございます」とか言ってくださいます。

ブッダガリガリ時代。

あ、確かにブラタモリに出ていたお庭!

あ、そういえばブラタモリで!

そんなことよりも、建長寺=けんちん汁発祥のお寺とのことで、お隣の食堂でけんちん汁の付いたランチを注文します。「お食事が届くまで、どうぞお庭をお楽しみください」ひっ

ぜいたく。今度、北鎌倉に来る機会があったら、RCとこのお店来よう。もっとシンプルなけんちん汁定食を食べて、散歩しよう、などと思います。

どうしてでしょう?こないだまではあんなに異常気象のポカポカ陽気だったのに、今日は底冷えのする雨で、ブルブル陽気です。TPいわく女性たちの駆け込み寺へ。お庭の感じがとっても素敵。撮影禁止でした。

北鎌倉駅でたっぷり冷えたので、たっぷりと相談して、

何度か前を通って、いつか来てみようかと言っていた、上野駅の銭湯兼、宿泊施設へ。どういうわけか、薄ら寒い。でも、3時間たっぷり、風呂に入って温まって、共有スペースで昼寝して。

いけね!もう5時!本来の目的は「午後7時発、東京港発、徳島行きフェリー」に乗ること。上野から山手線で、新橋駅。ゆりかもめで、東京ビッグサイト駅。

精進料理しか食べていないからでしょうか。TPも私も腹が減って腹が減って。ゼッペリアという絶対にロッテリアでしょう?という店で、ハンバーガーを食べます。本来の目的、徳島行きフェリーの出港まであと40分。タクシーに乗って港へ向かいます。

タクシーの運転手さんは好奇心旺盛な方。「あの港、普通は車で行きますよね?車なしでも乗れるんですか?」「徳島まで何時間?16時間?早いなー。大阪までも12時間くらいかかるでしょう」「ちなみに料金は?1万3千円?それは安い。タクシーなら30万円、いや、もっとでしょう。行けないですけどね、えへへ」とにかく東京ビッグサイト駅から乗ったタクシーは、1000円ちょうどで東京港へ到着しました。無人の券売機に、予約番号を入力して、乗船券を発行して。

無音の待合所で、乗船を待って。

アナウンスが放送されて、ポツポツと待っていたひとたちが乗船します。

わあ。もう20年ぶりくらい!?徳島行きフェリーは、自動販売機が充実していました。

雑魚寝部屋かと思っていたら、リニューアルされていて二段ベッド部屋でした。船内をまずは探検します。

出港したと思ったら、アナウンスで「間もなく、東京ベイブリッジを通過します。どうぞ皆さま、展望台へ」上がったら、そこに都会の景色が。

最高すぎるんですけど。(オリジナルTシャツを購入、2500円)

夜中にお腹が空いても安心の、充実した自動販売機コーナー。

お手洗いも清潔で。

半個室の二段ベッドは、すでに我が家のよう。(風呂にも入って、手ぬぐい干して)

ロビーの窓から、太平洋を眺めながら、荷物を整理したり、手帳を書いたりします。

ビールも飲んじゃいます。

ベッドに、シーツを敷いて、枕カバーをはめて。今日はここで眠るのか。

乗船券を、手帳に貼ってみます。

TPが何やら書き始めています。隣の席で、私は荷物整理をします。まずは風呂グッズ!最強メンバーがついに揃いました。歯ブラシ、歯磨き粉、歯ブラシ用コップは化粧水の蓋で代用しています、シャンプーとリンスは道後温泉で買った使い捨ての昭和世代のやつ、化粧水はグリセリンを水道水で溶いただけのもの、美容オイルはTPが使い終わった目薬の容器に詰めて、石鹸と、ヘアブラシ。

太平洋側の席で、ゆったり。

持参の日本地図(ミウラ折り)を広げて、うっとりします。

鎌倉の寺で買った、インドの女性を支援するグッズを出してみてうっとり。

まだフェリーは、東京湾をようやく出たところ。大浴場にゆっくりと浸かって、ビールを飲んで、荷物を整理して。

窓から太平洋を眺めて。私が買ったばかりの東九フェリーTシャツを着ているのを見たTPは吹き出して笑って「はずかし・・・」とか言っていますが、私はフェリーがとにかく大好きだから。閑散期でお客さんは少ないけれど、船員さんたちはとにかくフレンドリーで親切で、どんな質問にも温かく答えてくれます。いいちこの2リットル紙パックを持ち込んでいる家族が「どうして船の上ではワイファイがつながらないの?」という質問にも「沿岸の基地から飛んでいるワイファイをキャッチしているんだけど、移動するから」などと。TPはロビーのカウンターの端っこの席で、何やら書き物をしています。私はもう一度風呂に入って、手ぬぐいを手すりに干して、ベッドに寝転びます。タンタンタンタン。エンジンの音がゆりかごのように。ユラユラユラ、波の揺れが心地よく。ゆるんで行く脳みそ、残りカスのような嫌な夢が、連続して現れては消え、現れては消えて行きます。TP誕生日旅行IN徳島。一昨日の夜出発して、まだ徳島に到着していません。

徳島旅行、前夜

今日、仕事を終えて帰宅したら、そのままTP誕生日旅行IN徳島が始まるから、在庫一掃セールで、夕べの残りのモツ鍋にご飯を投入してホルモンおじやが朝ご飯です。

ご飯が多くて、ふうふう言いながらも食べきります。

Kさんとランチ。Kさんは家族の大切な歴史やら、転居に伴うまさかの数十万円単位の不当な請求など裁判トラブルなど、あれこれ教えてくれます。そんな話しの流れで「私は、生まれ変わっても私になりたいです。誰かと全く同じって嫌」と言うのを聞いてうっとりします。楽しいランチで浮かれていたら、帰り道でまさかのKさん車椅子に私が当たる事件、足首の裏をガツッと、思わず「イテッ!」と大声、あわてて謝ります。私が浮かれてお喋りしながら右に左に、好き勝手に歩いてKさんの前を横切ったから、本当にごめんと心から。何より、当てた方がショックを受けているのが本当に、申し訳ない。でも、一緒に歩くコツが分かった!次からはちゃんとまっすぐ歩きます。

家に帰って、リュックにパンツと手ぬぐいと風呂セットなどを詰めて、いよいよ旅行の始まりです。夜の電車は労働者たちで満員です。

藤沢駅へ。

駅前の居酒屋で晩ごはん。

見たことのないような鍵で、部屋に入ります。

清潔です。窓から眺めていると、この宿には後から後からおじさんが入ってきます。おじさん専用の宿かしら?藤沢って、おじさんの拠点の地なのでしょうか?TPは早々に就寝(あ、シャワーも浴びていない、きちゃない)。私はゆっくりとユニットバスに浸かって、清潔になって、就寝。久しぶりに、しごとの夢を見ませんでした。

ロールケーキ

朝、TPが夕べ書き始めたコンクール用の何かの何枚かを読みます。面白い。TPに行ってらっしゃい!と手を振った後で、あ、今日はTPの誕生日だった!と気が付きます。でもご安心。昨日の日中に、言っておいたのです。「お誕生日おめでとう。明日言い忘れたらいかんけん」と。自分の誕生日すら忘れるくらいだから、たとえ夫でも忘れるものです。

「鉄・病原菌・銃」を読みながら通勤。それにしても、一日たりとも急な依頼や突発的な対応の無い日というものは、ないものかね?毎日毎日が突発的な対応。

夜、福岡の母から送られてきたモツ鍋セットで、モツ鍋。

TP、誕生日おめでとう。大きいロールケーキを買って帰ったものの、明日の夜からTP誕生日旅行、IN徳島が始まるのでした。食べ切ることができるかな?できるでしょうね。

お散歩ですか?

朝。TPと、朝ごはんをどこかに食べに行こうかと話して、たっぷり歩いたところにある、コメダ珈琲に行ってみることに。

てくてくてく。

初めて入ったコメダ珈琲には、本棚がありました。

モーニングセット。

ぜいたく!

びっくり。「銃・病原菌・鉄」という話題になった本を読んでみると、興奮するほどおもしろ。TPはどうやら、またコンクールに応募するらしい。しかも締切までそれほど時間が無いらしい。おいおい勘弁してくれよ。

どうしましょう、どうします?もう桜が咲き始めています!!!

木のうろに入ってみます。

そんなこんなで散歩しながら帰宅します。

ここで、サプライズ!私が大ファンのチャンス大城さんが、道の向こうから歩いていらっしゃったのです。思わず、「チャンスさん、チャンス大城さんですかっ!」と声をかける前に、私が喜んでいる顔を見て、笑顔になってくれ、近づいてきてくれたことで、思わず声を掛けたたのです。チャンスさん「お散歩ですか?」「はい、散歩です・・・チャンスさんは、お仕事ですか?」「ええ、そこで今日ライブがあったんでね、中川家と」「えっ、そうなんですか!?行きたかったです」何て優しい方だろう。握手してもらうと「写真、撮りますか?」と声をかけてくれ、大喜びでツーショットを。「応援しています!」と言って。春風のようにチャンス大城さんは去って行きました。春一番

昼、和歌山旅行で買った、井出商店のラーメンを、野菜たっぷりで作って食べます。

夜、余ったきんぴらと玉子で焼き飯を作って食べます。TPは早速コンクール用の何かを書き始めています。がんばれ。

執念で

どうしても自慢したいことがあります。それは、廃版になっている地図を、版元となっている印刷会社に問い合わせて残っていた在庫10冊を、代引きで販売してもらったのです。

胸熱案件です!私がこの地図をどれほど大切にしているか、ミウラ折りにどれだけ敬意を払っているか、何より、手のひらサイズなのに日本地図と世界地図が裏表で見ることができ、ウズベキスタン旅行でも寝台列車で同じ部屋になった家族にプレゼントしてとても喜ばれたのです。それを数年前までは書店で買えたのに、今は注文できなくなっているのです。(片面世界地図、裏面世界の国旗パターンと、片面世界地図、裏面日本国旗の2つだけは、購入可能)買えないとわかったとき、日本地図をせめてミウラ折りで折ってみようかと、書き損じの紙で何度もミウラ折りを練習しました。しかし、ここまでコンパクトに日本地図と世界地図を手のひらサイズに折り上げることは無理と判断しました。執念。私には執念があります。

それはさておき今日も1日中、サービスしごと。

読み終えた本、とても興味深かった。「世界一流エンジニアの思考法」下界に責任を取らせるスタイルは古代の話。世界一流のエンジニアの方々の、しごとに関する考え方がたくさん紹介されています。やっぱり、いろんなことを共有しながらコミュニケーションを取りながら働かなければ、しごとは本当の意味で完成しない。圧をかけられがちなところにいるけれど、せめて自分だけでもこういうスタイルで働いて行きたい。執念。

在庫処分

今日もデベロッパーたちがディベロップメントしています。

珍しく、同じチームの女性を誘ってランチへ。まだ若い彼女は、思いがけず情報通。とあるひとがとある吊し上げにあっていてつらそうで見ていられないとのこと。「私はそのひとたちのこと、パワハラババア軍団とその子分たちって呼んでる」と暴露すると「まさに!ヨカッタです、同じ思いです」と大笑いしてくれます。相変わらずパワハラッてんな。

うわーん。また母から冷凍食品が大量に送られてきた。ありがたやありがたや。母に電話すると「本、読んでるよ!参考になる。たまには本もいいね」だって。毎日電話しているので、ご機嫌です。

母はここ10年ほどまともに料理していなかったけれど、毎日電話をして、晩ごはん何する?などと会話していたら少しずつ野菜を買ってきて料理するようになったらしい。「やっぱり自分でするのっていいね」だって。どうか母が三段腹じゃなくなりますように。

晩ごはんは母から送られて来たイワシ丸干し。おとといのご飯は雑炊にして食べます。自分でつくると大したことない料理でもおいしいと思います。今日からまた母在庫をせっせと食べる日々です。

味噌を背負って

近所のパン工場で買ったバゲットサンドを、1人1本食べて出勤。

バスの窓にかじりついて景色を眺めます。

クレジットカードのポイントが貯まったものを、スマホを持っているひとならアプリで支払いできるけれど私はスマホ持っていないから商品券に変えてもらいます。思ったよりもいっぱい商品券をもらえて、浮足立ちます。本も買えるらしい。

商品券で味噌買っちゃった!ぜいたく!ところが1.8キロの味噌を背負って帰宅するのはなかなかの辛さでした。1000円券でおつりが出ないため、しばらくはセレブスーパーでセレブなものを買って帰ることになります。ごめんあそばせ。

何らかの桃屋の瓶に、さらにニンニクチップと醤油を追加してみます。おいしいったらない!大発明!