こんぴら丸亀小豆島

朝4時20分、TPが揺すって起こしてくれました。あまりにも深く眠っていたものだから、ギリギリまで寝かせとこうと思ったなどと言ってくれて、どうも氣を遣わせてスミマセン、泣く泣く起きて、小走りで地下鉄の始発に乗り込みます。

1000円バスに乗って、いつもの、陸上競技場のデザインの成田第3ターミナルへ。そして風太くんの絵のついた安い飛行機に乗って香川の高松空港へ。

f:id:monna8888:20190612094102j:plain

TPいわく、大分のTPパパのお見舞いに飛行機で弾丸日帰り旅行をしてから、何かが加速したよう。短い時間でどこかへ行くことに目覚めたそう。高松空港から、バスに乗ってこんぴらさんまで一直線です。まず、香川県の自然の豊かさに胸を打たれます。山がこんもり。緑たっぷり。

f:id:monna8888:20190612103038j:plain

TPは、こんぴらさんの最寄り駅、琴平駅でバスを降りてから歩いて参道を通ってお参りしようと計画していたみたいだけれど、こんぴらさんの参道を通った瞬間に私が思わず「あっ、こんぴらさんの参道やん!」と思わず降車のブザーを押したものだから、こんぴらさん入り口で急ブレーキでバスを降ろされます。

f:id:monna8888:20190612103442j:plain

それはさておき、まずはうどん屋さんに入ります。一杯350円。

f:id:monna8888:20190612103650j:plain

出汁・・・そして、セルフで持ってくる機械の煎茶のおいしいこと・・・

f:id:monna8888:20190612110239j:plain

まずは、リュックをコインロッカーに預けます。昨夜父と電話して切り際に、そうそう、明日から香川に行くと言うと、あそこは最後の階段で足がヘロヘロになったと言うので、行ったことあると?と言うと、行ったと言います。お母さんも行ったことあるって言いよったけど一緒に?と聞くと、いや、違うと答えます。ふーん。荷物を預けるロッカーのすぐそばに、鉄の彫刻家、クマさんの作品があるとTPが言うので、眺めます。

 

そこからは、たしかに足がヘロヘロになる石段を上がって、こんぴらさんにお参りをして、どうやら奥社があるようなので、入り口まで行ってみます。前を歩いているご夫婦が、降りてきた方に声をかけています。「上まで上がられたんですか?どうでした?」「きつかったですけど、癒やされました」その会話を聞きながら、私たちも歩いて上がってみることにします。

f:id:monna8888:20190612121131j:plain

行きはよいよい。

f:id:monna8888:20190612121830j:plain

奥社からの眺めは、自分が天狗になったかのよう。修験道

f:id:monna8888:20190612122140j:plain

どうもお騒がせしました、ありがとうございますと戻りながら鳥居をくぐって頭を下げます。

f:id:monna8888:20190612124326j:plain

クワガタが虫に食われたものを見つけて、わっクワガタやん!宮崎に住んどったときは、駅前の灯りでクワガタもカブトムシも拾いたい放題やった、晩ごはんの後、母が「クワガタ拾えるって、クワガタ拾いに行こう!」と駅まで連れて行かれて、弟と夢中になって拾ったっけ。

f:id:monna8888:20190612130130j:plain

往復1時間の道のりを、足がぺろぺろになって上がって降りて。

f:id:monna8888:20190612134404j:plain

荷物を預けていたコインロッカーの脇にある、こんぴら歌舞伎の芝居小屋へ。足はぶにゃぶにゃです。案内の方が説明してくださいます。江戸時代は枡席に4人座っていたという座敷の小さいこと、江戸時代のひとって小さかったんですね。花道で見栄を切って写真を撮ってもらい、舞台裏の楽屋を自由に見学して、奈落の砂臭い感じを堪能してまた地上に出て階段を上がって、身分の高い方の席にも入ることができて、舞台全体を見渡します。

f:id:monna8888:20190612135002j:plain

観光案内所で無料で借りられる竹の杖のお陰で、こんぴら参りができました。

f:id:monna8888:20190612140045j:plain

参道の酒蔵を、さっと見学して。

f:id:monna8888:20190612141713j:plain

琴平駅から電車に乗って、丸亀駅へ。もうお昼を過ぎているけれど、歩き疲れてお腹も空いていないし、お店も開いてない。香川県は水曜休みの店が多いとガイドブックに書いてあります。それにしても自然の豊かなこと!

f:id:monna8888:20190612144259j:plain

丸亀駅で降りると、猪熊弦一郎の壁画が!

f:id:monna8888:20190612145543j:plain

TPが睡眠時間を削って立ててくれた予定を、私は「丸亀城はそれほど」みたいに言ってしまったけれど、実際に見てみると、とても魅力的なお城だと思います。早起きして、こんぴらさんの奥社まで参って、電車で移動してお城へ。足はもう棒のようです。あの高さまで登るのか、とふうふう言いながら、入り口の売店へ。TPがトイレに行っている間、受付の方が声をかけてくれ、無料ガイドのおじさんを紹介してくれますが、TPはガイドのひとと一緒に巡るのをあまり好きではないだろうなと思って遠慮します。「残念ね〜せっかくべっぴんさんをガイドできると思ったのにね」と受付の女性が言ってくれたのを、私はこころのメモ帳に書きつけます。べっぴんさん・・・

f:id:monna8888:20190612152932j:plain

それはさておき、こんぴら詣での後の坂道は、足が自分のものではないほどの重さ、休み休み、何とか天守閣へ。現存する天守閣は日本でわずか12個だけだそう。

f:id:monna8888:20190612154443j:plain

3階の天守閣まで階段を上がるのも、こんぴら詣でで弱った足、足と相談しながら何とか上がります。もう足を投げ出したら、立ち上がることができません。ただ風が吹き抜けるだけ。天守閣で。1600年代に作られたという、てっぺんで。しばらく風に吹かれて。

f:id:monna8888:20190612155841j:plain

足フニャフニャで、天守閣から降りると山側の石垣が崩れているところを、男のひとたちが工事しています。

f:id:monna8888:20190612155855j:plain

崩れた石垣の石が、ずらりと並べられています。再建するのはさぞ大変だろうな。すごいな。

f:id:monna8888:20190612161212j:plain

駅まで戻る道にも天守閣付きの電話ボックスがあります。

f:id:monna8888:20190612161938j:plain

高松空港からバスに乗ってこんぴらさんに行く道も、こんぴらさんから丸亀城に来る電車でも、見る家見る家、とても素敵だと思っていました。商店街でも、とっても素敵な家が。さ、今日の宿は小豆島。駅中のインフォメーションで、小豆島行きの船の時間を聞いて、それまでどう過ごそうか?TPが絶対行きたいという骨付鶏の店、一鶴へ。

f:id:monna8888:20190612170436j:plain

17時の開店と同時に店に入ると、何から何までセンスの良い、すてきなお店だ!

f:id:monna8888:20190612170621j:plain

鶏皮のポン酢和え。カリッカリでおいしい、おいしすぎる。

f:id:monna8888:20190612171157j:plain

灰皿は買って帰りたいほどのおしゃれさ。

f:id:monna8888:20190612171602j:plain

親鳥とひな鳥、固いのを柔らかめと両方を注文します。あーーー!どちらもおいしい、おいしすぎる。肉汁もおいしいけれど、歯ごたえ、しっかりした塩加減、おむすびを肉汁にひたして食べるのがこのお店のおすすめだそう。嫌になっちゃうほどのおいしさ。お会計をすると、お酒も前菜もおつまみも全部含めて4000円くらいでした。すごい店。

f:id:monna8888:20190612182934j:plain

電車に乗って今度は高松駅まで。瀬戸内海から広島の方に向かって、香川県の左から右へ海沿いを移動しています。ずーっと海と山が見えています。おむすび山のような山がポコポコ見えて、テンションが上がります。高松駅から小豆島行きのフェリー、TPが走って切符を買ってきてくれて、ギリギリで乗り込みます。

f:id:monna8888:20190612183647j:plain

大石先生もこの海を渡ったんだな。

f:id:monna8888:20190612192351j:plain

ひとり1000円ほどの高速船でわずか30分、土庄(とのしょう)港に到着。ネットで予約していた宿は、目の前にありました。予約していた部屋はトイレとバスが共同の部屋だだったそう(私もTPも仕事終わりのヘロヘロのときに予約したので覚えていない) ですが、空室があるからと同じ値段でトイレバス付きの部屋に変えてくれました。

f:id:monna8888:20190612194802j:plain

窓からは土庄港、だんだん暮れゆく。やがて、空いっぱいに星が広がって。北斗七星が手で掴めそうなほどの迫力で。室内禁煙で、煙草は非常階段の灰皿で吸うことができます。星を見上げながら、海の香りを吸って吐いて、吸って吐いて。何だか、嫌になっちゃうな。私、今のしごとは入れ替わりも激しいし、いつまで続けたらいいんだろう、よくわからなくなって、小豆島の景色は、じーちゃんばーちゃんの下関にそっくりで、下関に今すぐ帰りたくなって、いやになっちゃいます。じーちゃんに電話したい。ばーちゃんはあの世にいるからいつでも交信できるはずだけれど。海。

父と思い出話し?

 朝、軽く二日酔いで出社します。お昼すぎ、元上司が出張から帰ってきたので「例の社長とのランチ、行ってきました、ありがとうございました」と報告。きっと推薦してくれたのうちのひとりです。そこから、「社長が、今度バスケするときは誘ってって言ってたよ」とか「昨日、話題に出てましたよ、彼女は元氣ですねって」とか周りのひとたちに少しずつ、昨日の会話を喋ってみます。みんな興味津津、やっぱり会社の中では社長は氣になる存在なんだな。これまであれこれ色んな職場で働いて来て、社長も交代したりしたけれど、今の社長は珍しく、威張ったりせず、馬鹿にしたりもせず、普通の感覚のひとです。みんなが仲良くしているのを喜んでいましたよーと報告して、みんなでほっこりしました。こういうときはとってもいい職場だと思います。もちろん、日々の問題山積みだけれど。

 

夜、父に電話。誕生日プレゼントに送ったシャツを、とても喜んでくれています。「ちょうど新しいシャツ買おうかなーって思いよったとこやったっちゃん、良かったよかった、ありがとありがと」と、昔の暴れん坊の父からは想像もつかないような言葉。ガンはガンだけれど、初期過ぎたのか再検査するらしい、そして目ももう片方を白内障の手術するらしい。「メンテナンスが大変やね、お金かかるね」と笑うと「でも、これまでコンタクトが面倒くさかったけん、それが無くなるだけでもよかった、旅行とか行っても面倒くさかったもん」「お婆ちゃんも白内障の手術したとき、急に顔のシミが増えたって、私にまで電話してきて、手術の副作用よって言いよったね」「そうか、お前にまで言いよったか、ほー」などと思い出話し。思い出と言っても、私の頭の中では昨日のようなことなので、思い出という言葉はちょっと、臭いと思います。毎日のように、お婆ちゃんやばあちゃんのことは思い出しています。同じように、テレビなんかでも20代のひとが10代の頃のことを「懐かしい〜」と言うのも、ちょっと臭いと感じます。臭いのとも違うかしら?的確じゃないような、適当に言葉を当てているような。なんでだろう?

まっぷる 香川 さぬきうどん 高松・琴平・小豆島'19 (マップルマガジン 四国 3)

まっぷる 香川 さぬきうどん 高松・琴平・小豆島'19 (マップルマガジン 四国 3)

 

それより何より、明日から香川県へ旅行に行くから、2泊分の宿をネットで予約します。TPが買ってきてくれたガイドブックを見ても、何が何やら、とにかく行ってみないことには始まりません。いつものように成田発の格安航空券だから、 朝の4時起きだそうです・・・

たし蟹

f:id:monna8888:20190610195603j:plain

朝からソワソワ。

f:id:monna8888:20190610204847j:plain

仕事も手につかないほど、ソワソワして、たっぷり残業して、数人でタクシーに乗ってたどり着いたのは赤坂の料亭。「TBSの前の、一本入ったところの道、日枝神社側です。吉野家の角を曲がって、でーっかい石があるお店で」と運転手さんにも説明できるのは、私が何日も前から楽しみにし過ぎて、グーグルマップで店の前や付近の写真などを眺めて知り尽くしていたから。わくわく。有り難いことに、上司たちの推薦で月間MVPみたいな社員を選ぶものに私はまた選んでもらったと言うのです。ここ数ヶ月で、他にも選ばれたひとたちがいたから、そのみんなで一斉に社長と会食。社長ったって私よりうんと年下だから、氣楽なものです(嘘)。でも、メンバーが皆、氣楽なひとたちばかりだったので、和気あいあい、ダチョウ倶楽部のように仲良く、お喋りも楽しく、出てくるものひとつひとつを、ぺろりと平らげて、おいしいお酒もたっぷり飲ませてもらって、タクシーで帰るという社長に手を振って、同じ路線のひとたちでまた2次会までして、お喋りして大笑いして帰りました。

夜の12時、いつも早起きのTPは起きて待っていてくれました。楽しかったよ〜と報告すると、パソコン貸して、明後日の宿の予約する、とのこと。そうだった、明後日から香川県に2泊で旅行に行くんだった。というのもTPが連休を取れるのは年に数回だけ。限りなく黒に近いグレーの職場で、お休みを取るのは大変らしいのです。なのでフィンランド旅行の興奮も冷めないうちに香川旅行ってわけ。私も休んでばかりでは氣まずいので、お休みをそーっと申請したっけ。どちらにしても、明日中に、何としても、激務を終わらせねばなりません。

 

備忘:先付け・ホタルイカとアワビの醤油煮。お刺身二種。牛ステーキのわさび添え。ゆで毛蟹(半身)。ウニの乗った茶碗蒸し。ほぐした鮭とイクラの出汁茶漬け。フルーツシロップ漬け。

思わず「本物の蟹、久々に食べました」と言うと「たしかに。あっ」と答えてくふふっと笑いだすひと、なんで笑ったんですか?いや、思わずダジャレみたいになって、あーなるほどとか言って会話が収まって「贅沢ですね」「たしかに。あっ」もうどうしてみんな「たしかに」って言うんだろう!「身がほぐしてあって食べやすいですね」「たしかに」今度はもう、自分がたしかにって言ったことすら氣づいていないひとまで出てきて、みんなで大笑いしました。

ぐうぐう三昧

f:id:monna8888:20190609131411j:plain

日曜日。ぐうぐう眠って起きたら昼の13時!びっくりぽん。TPが珍しく連休なので、焼肉屋へ行きました。とにかく安さが売りの焼肉屋は、目を薄目にしなければならないほどの不潔さ、メニューもベットベトです。おえ~っとなりながらも何とか、たくさん頼んで食べ終えます。食べ終えてみると、何かをやり遂げた感じがして、また来てもいいかな、とか思います。

 

こないだまで、猛暑のように暑かったのに、今日はなぜこんなにひんやりするんでしょう。寒くて震えながら帰ります。今日の半袖は失敗。そこから、雨が降ったりして、いつの間にかぐうぐう眠っていました。夕方の5時に起きるとTPも眠っていました。何とか起きて買い物へ行って、晩ごはんは豚とキムチの炒めもの、なめこ味噌汁。f:id:monna8888:20190609195238j:plain

昼の焼き肉がまだお腹に残って食欲ゼロだったので、TPが晩ごはんを食べている間、シャワーを浴びたらまた眠たくてたまらなくなって、またぐうぐう眠りました。眠れるのってすてき。しあわせ。

TPのリーディンググラス

f:id:monna8888:20190608131231j:plain

TPが珍しく土曜日休み。前に「今度から休みの日はラーメン食べに行くとか、決めてみても面白いかもね。値段も高くないし、悩む必要もないし」などと言うので、評判の良いラーメン屋へ歩いて行って、中華風のつけ麺をズルズルーッ。左手で麺類を食べるのって難しいわ。

京王デパートメントで、福岡の父の誕生日プレゼントを買って送ります。毎年シャツって、うんざりするかな?どうかな?でもどのシャツも必ず着てくれて嬉しそうにしてくれているものだから、今年もシャツです。

f:id:monna8888:20190608143737j:plain

京王デパートメントの屋上でひと休み。つけ麺、量が多すぎた。もう動きたくない。屋上のペットショップで、小指の先ほどのフグを見て、かわいい、と思ったりします。

TPの老眼鏡、じゃなかったリーディンググラスを発注しに、眼鏡屋を巡ります。白内障の手術で、焦点を中距離(運転しても問題なさそうな距離)に合わせたものだから、近くが見えづらくなっているのです。普通の眼鏡屋さんは3万円くらいからのメガネしか無いものだから、安そうなゾフとかいう眼鏡屋さんに行きます。5000円。レンズの在庫が無いということで、一週間後に出来上がるそうです。

 

一緒に行きましょうよ

f:id:monna8888:20190607115511j:plain

上司の2人とランチミーテイング。あまりにも忙しそうな2人と、なかなか話せないものだから、こういう機会はありがてー。あれこれホウレンソウ&ホウが難しいなどと話します。

 

また旅。

また旅。

 

軽く氣取った文章と、小さい写真。あー、旅に行きたい、雑貨買いたい、となる本です。 

 

職場のひとが「土日なんにもやることないから、食堂とかでバイトしたい」と言うので、按田餃子とかどうですか?と勧めてみたところ、そこ、前から行きたいと思ってたんです!今度一緒に行きません?とのこと、ええ、行きましょうと答えつつ、いつとは決めずにやり過ごします。

 

夜、仕事終わりのTPを迎えに行って、そんなに親しくないひとから誘われたらどうする?などと会話。そのひとは前、私を嫌っていたような態度をしていたひと。それがこのところどういうわけか、急にそうでもなくなったのです。やっぱり一緒に行ってみようかな。それとも社交辞令だったのかな。でも一緒に行ったら、仲良くなれるかな。・・・中2なのよ、やっぱり私は!

f:id:monna8888:20190607204408j:plain

晩ごはんは、アジの塩焼きとごぼうと豚肉の煮物、炊き込みご飯。ぜーんぶ茶色、茶色です。

Kimchi Soondubu Jjigae

行き帰りの本を読みながら出勤。ynさんブログで紹介されていた本は、いつも通りにピリッとスパイスの効いたエッセイ。何だか、古いものを大切にしたくなります。

たのしい暮しの断片

たのしい暮しの断片

 

おつとめさきでのランチは、キムチスンドゥプチゲの早割(11時30分までに入店すると、半額近くになる!)を利用し始めてから、毎週火曜と木曜はキムチスンドゥプチゲの日。あまり毎日行くのは恥ずかしいからです。自分のスケジュールにも「Kimchi Sundubu Chige」と入力して予定をブロックしています。キムチスンドゥプチゲの英語表記をネットで検索してみたところ、Kimchi Soondubu Jjigaeと出てきました。書き換えよう。

優雅な美・食散歩

f:id:monna8888:20190605104810j:plain

RCと、駅のホームで待ち合わせて、木場へ行きました。錦糸町で降りて、RCがちょっと行ってみたかったという神社へお参りして、改装したての美術館まで。その道中に、面白そうなレストランがあると教えてくれて、ぜひ行こう!となったのです。ここ数年RCとあちこちに行くうちに、彼女のルート作りの余裕があるのに豊かな行程、きっとお互いのつきあいかたに余裕や余白が生まれてきて、別に何をするでもない時も、何だか楽しい。

f:id:monna8888:20190605105208j:plain

仲良し。何を抱えとうとかいな?うさぎやん!

f:id:monna8888:20190605111754j:plain

RCが見つけてくれた中華料理屋さんで働く若いシェフたちを応援する取り組みの、ランチ。常連さんでいっぱい、なおかつお店の方々の接客のさり氣なさと完璧さ。

 

若手シェフが練ったコースをわずか1000円でいただけるお店で、二巡目で入場できるとわかったので、少し散歩します。もともとの目的の美術館で、グッズ売り場などを回って、私は京都のアクセサリー作家というひとのピアスを買ってみます。

 

お喋りしているだけで、あっと言う間にランチの時間。

f:id:monna8888:20190605123249j:plain

前菜・・・湯葉でまとめた3品。親指の先ほどの大きさなのに、ひとつずつ、酸味や甘みや旨味や、その奥の方の、ただおいしくてしあわせなところまで見事に、ひとつずつ味が異なるので、思わず目を閉じます。たったひとくちで、こんなに。

f:id:monna8888:20190605123252j:plain

お店の方に、写真撮ってもいいですか?と尋ねると、どんどん撮ってください、厨房も覗き込んでガンガン撮ってくださいと言ってくれるので笑います。本当に若手シェフを育てたいという強い思いなのでしょうか。

f:id:monna8888:20190605123853j:plain

入店を待っていたときに、きっとご近所の常連さんが自転車で帰りがてら、お店の方に「いやーおいしかったよ、崎陽軒っていうから期待してなかったんだよ、でも今までで一番だったかも」と声をかけて帰ってたっけ。崎陽軒といえばシウマイ弁当。その崎陽軒の中華料理屋さんが横浜にあって、本日のシェフはその崎陽軒から参加しているそう。スープ・・・永遠に飲めそう。

f:id:monna8888:20190605123856j:plain

豚と野菜の炒めもの。野菜が美しく細くカットされていて、全ての素材が水っぽくならずにしっかりと存在感があって、全員がニコニコ笑っているかのように調理されています。

f:id:monna8888:20190605125901j:plain

カラメルのような香ばしさの、紹興酒のプリン・・・あまりにも美味しいものだから、お店のひとに美味しかったと伝えます。若手シェフも、崎陽軒に来ていただいたらいつでも作ります!などと言わせてしまいます。私もRCも自分たちがデヴィ夫人になったかのようで照れます。

f:id:monna8888:20190605131959j:plain

あー、美味しかった!いけないいけない、目的は木場の美術館。

f:id:monna8888:20190605140051j:plain

この飾り方のお陰で、ひとつひとつの絵がかえって主張が強くなって個性が浮き立っている!

f:id:monna8888:20190605140205j:plain

わたしゃこの絵が好きだね。

 

喋って喋って、じっくり東京都現代美術館のリニューアル記念の展示を見ているうちに、氣がつけばいい時間になっていました。あわてて帰ります。地下鉄の乗り換えの駅で別れて、またどこかに行こうね!とスキップで(嘘)帰りました。