暑い日曜日

朝ごはんは、秋田で買って帰った焼きそばです。

もちもち、おいしっ!

TPが図書館に行くというので付き合います。TPは切れた乾電池を持参して回収ボックスに入れています。案外、マメなんだな?びっくり。

暑い暑い。散歩して、パンを買ってみます。

暑い暑い。昼ごはんを食べます。

(とても心苦しいけれど、ま、まずい。冷凍と解凍を10回ほど繰り返した感じの、お味。たまたまわたしの口に合わなかっただけかも知れません)

さ、めったに歩かない道でも歩いてみましょう。

TPが、確かこの辺に中華料理屋さんがあったはずというところは、ビルごと建て替え工事中でした。

電気屋さんのおもちゃ売り場に立ち寄ります。ブースカとか買いたくなっちゃうけれど我慢します。

それにしても、春雨って突然食べたくなりますよね。

実家の母から送られて来た黒ごまきな粉は何と、開封済みでした。さすがだね!あわてて冷蔵庫に入れます。

晩ごはんは、魚屋さんで「これ、買ってくれない?まけとくから」と言われたので買ったイワシの梅酢煮です。けっこうおいしい。まけてもらったし。暑い日曜日。これからは歩けないくらいもっと暑くなるんだろうか。気温がぐんぐん急上昇し続けるものだから、地球が干からびちゃわないか心配でなりません。南無阿弥陀仏

時代が変わって

ネジャンタン!!

今日は、退職手続きを進めました。転職先では正社員じゃなく業務委託になるので、これから適格請求書事業者の申請やら、個人事業主としての手続きが色々あるので、勉強せねば。YouTube個人事業主系の動画ばっかり見ます。時代が変わってよかった!晩ごはんは、豚の生姜焼きに大量に買った青じそをこれでもかっとちぎって。

図書館で借りた本を読みます。早速、作ってみたいものがいくつも。お腹がぐーっと鳴ります。

ふわっと転職

午前休をもらいます。

転職するかも知れない先からオンラインで条件面の提示があるので。

夕べはドキドキして眠れなかったけれど、思い通りの条件だったので、この口が勝手によろしくお願いしますとか言っちゃって。

午後出社したら何て言おう。

前から転職するかもとは伝えていた上長とすぐに話しをして、お互いに寂しいとか言い合って。でも動き始めてしまったから。チームメンバーにも伝えて。動き始めたことを応援してもらいます。

晩ごはんは冷蔵庫にあるものシリーズで、冷凍お好み焼きと、豚バラ大根、大根葉と小松菜の塩もみ。転職することになった、いや違う、決めたんだ。もう今の職場にはあと一ヶ月いるだけだ。来月の中旬には、新しい職場に行くんだ。ふわふわするけれど、しばらくはふわふわしたまま暮らそう、そう思います。

定食屋さん

今日も送別ランチです。TP弁当だけ、作ります。

作ると言ってもおかずの半分はハナマサの鶏唐揚、オーブントースターで焼きます。ちくわを甘辛く煮たものと、自家製スライス生姜の酢漬け、高菜炒め、梅干し、ごはんには海苔を敷いています。喜んでくれることでしょう。

来月末で退職するMさんは、今の部署に入ってきてすぐに追い詰められて、上司に言う!とあちこちに訴えてついに決戦の日、ギャン泣きして言いたいことが何も言えなかったと後からふたりで大笑いしたひと。その日のお陰で、部署の方向性がガラリと変わりました。流れが変わった。誘った定食屋さんは夜は居酒屋らしい。このお店に来るたびに、ここのママから「この店、継がない?」とスカウトされたらどうしようとドキドキするのはなぜ?ただの妄想なのに、定食屋さんに憧れがあるのでしょうか?

図書館で借りた本を読みながら通勤します。純子のYouTubeを見まくっているので、うれしい。スズキナオという作家にはまっているので、読めるのがうれしい。タンクローという双眼鏡が欲しくなります。

思いがけない豚バラ大根

朝6時過ぎ。電車に乗ってお寺へ。

RCと現地集合で、坐禅。駅から少し歩いただけなのに、坐禅中も汗が吹き出すほど身体が熱を発散しています。チーンと鐘がなって、最初は脳みその記憶が放出され、やがて身体の硬いところが意識され、そのうちに外の車の音、鳥の声、心の声。

今日は参加者が多いとお坊さんも喜んでいるように感じます。どうやら檀家さんを増やすための取り組みなんだな。坐禅の間でもお経を上げてもらって、本堂でも朝のお勤めに参列させてもらえてサービス満点です。

こんなの初めて。あちらこちらに今日は、果物が供えてあります。みかん、ネーブル、すもも、バナナ。

狛犬や石仏、祠など、あちらこちらに1つまたは2つ、または3つなどアレンジして果物が供えてあるのが面白くてRCと笑います。

木陰。

カメヤマローソク

木陰のベンチで、持参のコーヒーを飲みながらお喋り。RCの新しい職場のことや、インド帰りの友人のこと、この時間。

市ヶ谷駅まで歩きます。今日も豊川稲荷東京別院は最高でした。

駅で手を振って別れて、バスに乗って帰ります。そして、寝ます。

寝て起きると、ガス屋さんから電話があります。そうだ、浴室のシャワーホースが破れて水が漏れるんだった、1時間後に来てもらってホースの交換作業を完了。お支払いは大家さんです。こういう場面で、借家っていいなと思います。今日はTPも平日休み。夕べ、坐禅に行く?と試しに誘ってみたけれど、遠慮していました。朝から日本橋まで映画を観に行って国会図書館に寄ってきたというTPと、近くのコーヒーショップで待ち合わせて、銀行や文房具屋で用事を済ませて、スーパーへ。母からまた何かの素が届いたので、豚バラと大根を買って帰ります。

何かの素で作った豚バラ大根。こういう強制的な何かの素がなければ作らないような料理です。TPは今日一日の冒険をずっと喋り続けています。楽しかったみたいで良かったねー、私も最高やったよとお喋りします。

北京ダック食べたい!

スズキナオシリーズ。

図書館で借りた本を読みながら通勤します。後半に進むに連れて、ぐんぐん面白みが増して、忘れていた感情もたくさん思い出されて、ちょっと特別なエッセイだと感じます。小さい世界の輝きの強さ。いや違う、慣れてきて見なくなっていた世界の強烈な光。

黒酢酢豚。辞める人あれば入社する人あり。歓迎ランチです。

「北京ダック食べたい!」と全員で上長に訴えてOKもらう。

北京ダック最高!なぜか調子こいてすごく喋ってしまう。あのひとは格好つけてるだけで中身空っぽなどと言うとみんなが大笑いするのでうっかり。後で恥じ入る。

ふと、しばらく調味料は買わないと決めます。冷蔵庫にある調味料関係を全部食べきってから、次のものを買う。例えば粉山椒とか、一体何年前に買ったものだろう?年に1〜2回の丑の日にしか使わないものだから、そういうスパイスもどんどん使って行こう。

しばしのお別れ

父の誕生日。そして月命日。母は今日、お寺の納骨堂に行くと張り切っていました。毎月10日は父の日。覚えやすい日に死んでくれてよかった、といつも母と電話でお話しします。

今日は同僚のMさんの最終出勤日。笑いのツボが合うMさんとは、それほどベタベタした付き合いじゃなかったけれど、仕事の細かいところまで本当に支えてもらいました。お礼のランチで、おじさんひとりでやっている店へ。「こないだはお婆さんがひとりでやっている店でしたね、シリーズですね!」と喜んでもらってうれしい。豚汁も涙が出そうなほど美味しいと言ってくれます。また会う日まで!

晩ごはんは、群馬の道の駅で買った大豆で、チリコンカン。切り干し大根も群馬で買ったもの。

Mさんがくれたお菓子は、しばしのお別れの合図。

明日のTP弁当にも、群馬の道の駅で買った大豆を入れて。まだ旅行は続いています。

かまち君

朝、6時頃に起きて、TPと散歩に出かけます。

四万温泉って、本当にいい場所だ。

昨日見た滝を、もう一度見ます。

夕べ、ひと晩中聞こえていたドードドドドドーッの轟音も、澄んだ水の流れで。大雨のような音だった。

戻ってきて、朝風呂にちゃぽんと浸かります。二度寝しようとしていた部屋の布団は、もう片付けられていました。

朝ごはんです。普段、これほどの品数を揃えるなんて夢のまた夢。ひと皿ずつ味が違うのがいいと思いました。食感も違うし。

レンタカーで、高崎駅まで。返却して、美術館前の銅像に「久しぶりです」と挨拶。

TPが、山田かまち美術館に行きたいと言います。

バスに乗って、行ってみます。入館料200円。

かまち君は確かに、ある世代のなにかを救ってくれていると思う。同時に幼少期に神童あつかいされた後遺症はなかったのかとか考えたり、それでも本人は描きたくて描いている、書きたくて書いているその世界に、胸を打たれます。そして、生きよう!と明るく思います。

帰りのバスを待つ間に、近くのレストランでピザと、

パスタを注文して、食べて、おいしい。食べられるしあわせ。バスに乗って駅まで戻って、

電車に乗って、いつもの古いアパートに帰ります。ぐうぐう眠って、お隣の男子高校生と、お互いに眠たすぎて肩で支え合っていたであろう肩のしびれ、お互いに。

この旅行中に読んだ本。

食べられるしあわせ、自分で食べたいものをこの手で作ることができるしあわせ。明日はランチの予定が入っているので、TPの分だけ弁当を作ります。晩ごはんは豚の甘辛煮。小旅行。どこかに移動するって、たのしい。