ぶすのぶーちゃん

f:id:monna8888:20200731121046j:plain

またランチ。チームが再編成されるので、元上司も招いてお別れランチ。おいしいイタリアンをいただきます。セレブ。映え。お店の雰囲氣や接客があまりにも軽やかで上品で優しいので、絶対にまた来よう、そう思います。元上司がごちそうしてくれるものだと思いこんでいたけれど、みんなが財布を開くフリをしたところ1,000円ずつで良いよと言われたので面白いと思います。以前の飲み会でもひとり3,000円でいいですよとなったことがあったので、私は彼をエライ!と思います。自分を大切にしている証拠だ。

 

いよいよ、座席の引っ越し。「お世話になりました」と同じ部署のひとたちに挨拶をすると、涙ぐんでくれるひともいて、こちらまで泣きそうになりますが、キャビネットをゴロゴロ移動させて新しい場所へ。新しいご近所さんは、いつも不機嫌で愚痴ばっかり言っているひと。男性社員にはしなだれかかって質問したりするのに、女性社員には自分が氣に入ったひと以外、基本無視するひと。私はこころのなかで「ぶす」とあだ名をつけました。果たしてぶすのぶーちゃんと仲良くなる日が来るでしょうか?とはいえ、そう簡単に仲良くなりたくないので、こちらも無視していようっと!

従うしかねぇ

前の前の前の前の…前の上司とKちゃんとでランチ。打ち合わせがあるってテイで、1時間30分たっぷり休憩してやります。サラダ取り放題。この3人はマイペースなので本当に助かる、何を喋っても大笑いできるグループのひとつです。その元上司は実は、やんわりリストラ候補だったそうですが、本人にもその話しを遠回りに振ると、売上目標を持つことで合意したと教えてくれます。

f:id:monna8888:20200730122854j:plain

とはいえ燃え尽き症候群みたいになってから、晩ごはんがぞんざいになっています。セブンイレブンで買って帰ったつけ麺を、茹でて出しただけの晩ごはん。仕方ねえ、私はうっすら落ち込んでいるんだから。身体に従うしかねぇ。

皮膚科の予約

私が本当に自信が無いところは、肥った腹でも丸い顔でもない、肌だ!肌のキメが荒いことが嫌なんだ、そう思い至って、近所の皮膚科を予約してみます。一週間後。楽しみ。と言うのも昨日の他部署間のランチで、時々お昼ごはんが一緒になっておしゃべりしていたMちゃん、メイク男子のHさんと顔のお手入れについて会話していたところ、Mちゃんが「結局、皮膚科がいちばん。肌荒れしたらすぐ皮膚科行きます。ビタミンCも安いし。先生、肌キレイにしてっ!て言う」と教えてくれたので、すぐに真似しようと思ったのです。

 

一週間後に楽しみができたことが、何だかうれしい。晩ごはんはナスたっぷりのナスカレーです。

静かな感じ

バスに乗って、オフィスに吸い込まれて、吐き出されて、またバスに乗って帰る。チームの再編成が決まってから何となく、燃え尽き症候群のような感じ。でも悪くない感じ、新しい日々が始まる前の、静かな感じです。

 

晩ごはんは、ナスとゴボウの天ぷら、盛大に揚げてやりました。

出世魚

f:id:monna8888:20200727082543j:plain

あー、行きたくねーと思いながら乗るバス。バスだけは最高です。

f:id:monna8888:20200727132445j:plain

S長と新入社員とのランチ。S長は先日直談判してから、少し氣にかけてくれている様子。何度も話しを振ってくれます。

f:id:monna8888:20200727200627j:plain

思い切って、デパ地下のスーパーに寄って、ブリの前段階(何だったっけな?)の刺身を買って帰ります。うれしいことに、ホタテの刺身をサービスしてくれました。そのおいしいこと!ブリ丼のつもりが海鮮丼に出世です。

一喜一憂

街へ。評判の良いらしい映画を観ます。すごく惹かれる映像、シーン、キャラクターで、たったひとりだけでも自分を信じてくれるひとがいると、生きて行く上で大切なお守りになる、そう感じました。が、ファーストシーンを私は読み違えていて、最後までそのことが疑問で、もしかしてこうなる?と予測していたことが起こらずに、風船がしぼむような心情。本当に意味がわからなかった。検索してやっとわかった、でも納得できない。

昼、シュシュ渡辺でハンバーグランチを食べます。以前は1,200円でダブルハンバーグを食べられたけれど、そのメニューはもう終了してしまったのでガッカリ。でもハンバーグは美味しいし…味噌汁だけが薄くて具も大根なので、そこはガッカリ、でもワサビ菜のサラダは相変わらず最高だし。一喜一憂。

遠い昔

美容院へ。美容師さんは私のマスクをひと目見るなり「何それ、どうしたんですか?」と言いました。穴を自分で開けたと言うと大笑いしています。職場でも誰からも何も指摘されたことないのに、さすが美容師さんは観察眼がするどい、と驚きます。それにしても雑誌、CREAは面白い。隅々まで読みます。定期購読したいくらいの面白さだけれど表紙をよく見ると、隔月発行のよう。知らなかった。美容師さんにも「特に、クドカンの対談がいつも面白い」と言うと「クドカン、大丈夫で良かったですよね、コロナにかかったのがずっと昔みたい」と言うので、そうだった、すっかり忘れていた、遠い昔のようです。

物語を詰め込む

連休?朝、とっても和定食風なものを食べたくなって、子持ちししゃもを焼いて、油揚げの味噌汁を作って、白ごはんを炊いて、食べます。氣圧のせいでしょうか?だるくてだるくてたまりません。ゴロゴロー、ゴロゴローとただ寝転がっているだけ。

初恋 [DVD]

初恋 [DVD]

  • 発売日: 2020/07/08
  • メディア: DVD
 

三池崇史監督のDVDを観ます。そこそこ面白いと良いなと思って観始めた映画は、ものすごく面白くて興奮します。こういう映画を観たかったんだ!

 

録画しているMIUをなぜか私は、何度も観てしまいます。一日中だらだらと、せっかくの連休を無駄にしているようで、実は物語を身体に詰め込んでいる一日。物語の詰まった人生。